四十肩・五十肩の対処法

はじめに

四十肩・五十肩は正式には肩関節周囲炎と言い、四十・五十代の人に多いためその名称がついていますが、三十代でも六十代でも起きることもあります。

特徴

四十肩・五十肩の特徴に「肩が挙がらない」「肩を動かすと痛い」というのがありますが、これらは肩の調子が悪い時に必ず起きる症状であるためそれだけでは判断はできません。

一般的には「肩が挙がらない」「肩を動かすと痛い」という症状は数日後から軽減していくのですが、四十肩・五十肩の場合は悪化していくということが目安になります。時間が経ってもても変わらない、悪化している場合は四十肩・五十肩の可能性が高くなるのです。

症状の分類

四十肩・五十肩の症状を2つに分類して考えていくと自分の置かれている状況とその対策がわかります。

じっとしていても痛い

四十肩・五十肩の前半の訴えとしてとして「じっとしていても痛い」、特に就寝時は痛みのために眠りが妨げられてしまうというのがあります。

肩の痛みは基本的には傷ついた部分を修復するために起きる炎症によるもの。足の捻挫や肉離れと同じで傷ついた部分が修復されて炎症が治ると痛みも治まります。

四十肩・五十肩の場合は炎症がいつまで経っても治りませんし、原因もわかりません。

わかっていることは「いつ炎症が治るかはわからない」「炎症が治らないと痛みも続く」「炎症が長引くほど肩周囲が固まってしまい腕が挙がらなくなる」ということなのです。

対策

炎症を速やかに抑えることができれば肩が固まることも少なくて済むのですが、原因がわからないのでその方法はありません。

できることは炎症に伴う痛みを軽減させること。痛みを抑えて時間を稼いでいる間に自然に炎症が収束するのを待つことがメインになります。

そのような場合に最初に行くのは病院で、当院のようなところは補助として利用するようにしてください。

肩が挙がらない

じっとしていても痛い状態が終わると次は肩が固まって挙がらないことが一番の訴えになります。この時の痛みは炎症ではなく固まってしまった肩周囲の筋肉等を動かすため。時間が経つとそのうちに肩が挙がるようになるという人もいますが必ずしもそうとは限りません。

対策

単純に肩の筋肉が硬くなっているのが原因であれば、マッサージや電気療法や温熱療法等で肩の筋肉を緩める方法が一般的です。

ただ単に肩をぶつけて痛くなったとか、ひねって痛くなったのであれば肩だけに治療すれば良いのですが、原因不明なものは必ず全身が影響しています。肩だけの治療よりも全身の治療を行う方が効果的です。

治療

整体治療か鍼灸気功治療になります。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    次の記事

    頭痛の対処法