四十肩・五十肩の対処法

はじめに

「肩が挙がらない」「肩を動かすと痛い」「じっとしていても痛い」「痛くて眠れない」「寝返りで目が覚める」等の症状がある場合には誰でも四十肩・五十肩を真っ先に疑います。ただし肩に問題があるとそれらの症状は普通に出ますのでそれだけでは判断はできないというのが本当のところです。

正式名称は肩関節周囲炎と言い、四十代・五十代の人に多いため四十肩・五十肩の名称がついていますが三十代でも六十代でも起きることもあります。

四十肩・五十肩の特徴

肩が固まって挙がらない

四十肩・五十肩の特徴を一つ挙げるとすると肩が固まって挙がらないということ。肩が固まってしまっているので反対側の腕で補助しても、他人の手を借りても挙がりません。

上まで挙がるのであればそれは四十肩・五十肩ではなく他の疾患が考えられます。

1ヶ月以上続いている

肩を痛めた時に起きる「肩が挙がらない」「肩を動かすと痛い」「じっとしていても痛い」「痛くて眠れない」「寝返りで目が覚める」等の症状は数日後から軽減して1ヶ月もすれば元に戻るのが普通ですが、四十肩・五十肩の場合は悪化してきます。

肩の調子が悪くなって1ヶ月以内であれば四十肩・五十肩以外の疾患の可能性を考え、1ヶ月以上経過している場合に初めて四十肩・五十肩の可能性を考えるのです。

原因は不明

原因は不明ですが肩が固まる原因は炎症によるものです。通常炎症は損傷部分を修復するために必須なものですがもれなく痛みがついてきます。道路を直すには道路工事が必要ですが騒音と振動が付いてくるのと同じで必要悪なものなのです。

損傷を治すための炎症であればそれほど時間がかかりませんが、四十肩・五十肩の場合の炎症は何を修復しているのかが不明のためいつ終わるかもはっきりしません。そして炎症が長引くと肩周囲が固まってしまい腕が挙がらなくなるのです。

最も大事なこと

炎症を速やかに抑えることができれば肩が固まることも少なくて済むのですがその方法はありません。

そのため炎症にもれなく付いてくる痛みを抑えることがメインになります。痛みを抑えて時間を稼いでいる間に自然に炎症が収束するのを待つのです。

それは病院が得意としているので痛くて寝れないような場合は病院で治療するようにしてください。

筋肉が原因の場合も

筋肉が原因で四十肩・五十肩と似たような状態になることがあります。そのような場合は当院でも対応可能ですがどのような場合がそれに当たるかは治療してみないと何とも言えません。

病院でも痛みがそれほど変わらない場合、じっとしていての痛みは治まっているけれど肩が挙がらない状態が続いている場合は当院での治療も検討してください。

治療

当院での四十肩・五十肩の治療は保険は使えませんので整体治療か鍼灸気功治療になります。

結論

じっとしていても肩が痛い場合は先ずは病院へ。炎症が終わって肩の動きの悪さがある場合は当院でも対応しています。ただし回復には時間がかかるということをお忘れなく。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)