四十肩・五十肩の対処法

はじめに

四十代以上の人が「肩を動かすと痛い」「じっとしていても痛い」という症状が起きた場合、最初に四十肩・五十肩を疑いやすいのですが、「肩を動かすと痛い」「じっとしていても痛い」という症状は四十肩・五十肩特有な症状ではありません。それらの症状は肩に問題がある時に必ず起きるものであるため、それだけでは判断できないのです。

また、四十肩・五十肩は慢性疾患なので肩が痛くなってから間もないものを四十肩・五十肩とは言いません。

数日後から軽減し始めて1ヶ月もあれば元に戻る一般的な肩の痛みと違い、四十肩・五十肩の場合は1ヶ月経過しても全く良くならないもしくは悪化していくというのが目安になります。

そのため肩に痛みが出てきた時は最初に他の疾患を疑い、他の疾患の疑いが晴れた場合に初めて四十肩・五十肩を疑うのが基本なのです。

症状

四十肩・五十肩の症状を2つに分類して考えていくと自分の置かれている状況とその対策が見えてきます。

じっとしていても痛い

四十肩・五十肩の前半の訴えは「じっとしていても痛い」ことで、特に就寝時は痛みのために眠りが妨げられてしまいます。

「じっとしていても痛い」の多くは炎症によるものですが、炎症は傷ついた部分を修復するために起きるもの。炎症が起きているということは現在その部分は修理中、工事中であるということなのです。

肩を痛めた時はこの症状が出ることが多く、傷ついた部分が修復される数日後には炎症が落ち着き痛みも治まるのですが、四十肩・五十肩の場合は数日経過しても炎症が治まらず「じっとしていても痛い」状態が続きます。

これが四十肩・五十肩の一つの目安で、炎症が長引くほど痛み以外にも肩周囲が固まってしまい腕が挙がらなくなるという結果になります。

対策

四十肩・五十肩のメインは原因不明の炎症です。これを速やかに抑えることができれば肩の痛みも肩が固まることも少なくて済むのですが、これといった抑える方法はありません。出来ることは炎症に伴う痛みを軽減させることだけで、痛みを抑えて時間を稼いでいる間に自然に炎症が収束するのを待つことが対処法になります。

我々のような手技療法では筋肉や身体のゆがみが由来の炎症であれば対処可能ですが、四十肩・五十肩のような原因不明の炎症に関しては得意ではありません。

そのような場合に最初に行くのは病院で、当院のようなところは補助として利用するようにしてください。

肩が挙がらない

じっとしていても痛い状態が終わると次は肩が固まって挙がらないことが一番の訴えになります。

四十肩・五十肩の場合は長期の炎症により筋肉は元の状態に戻りにくくなると言われており、日常生活に不自由しない位までに戻ることですら時間がかかります。

対策

四十肩・五十肩は肩だけの問題ではなく全身の問題で起きています。逆に長期に渡って日常生活に支障が出るために全身にも影響が現れます。

そのため肩だけの治療ではなく整体治療や鍼灸気功治療全身の治療を行う必要があり、セルフケアも肩だけではなく全身のセルフケアが必要になります。

まとめ

四十肩・五十肩は「肩が挙がらない」「肩を動かすと痛い」という症状が時間の経過とともに悪化しているもの。原因不明の炎症がメインなので前半は病院が中心で、炎症終了後は手技療法なども視野に入れるようにしてください。

注意してほしいのは四十肩・五十肩は長期の炎症により筋肉は元の状態に戻りにくくなっているため、治療を受けたとしても長期間かかるということ。巷でよく言われる「何もしなくても1ヶ月で良くなった」とか、「1回の治療で良くなった」ということはまずありません。もし本当に良くなったのであればそれは四十肩・五十肩ではないのです。

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

頭痛の対処法

次の記事

首の痛みの対処法