頭痛の対処法

はじめに

国民生活基礎調査によると頭痛は女性が抱えている症状の5番目に挙げられています。

大部分が原因不明である緊張型頭痛と片頭痛なのですが、様々な病気に付随して出て来る症状でもあるため、頭痛の時は最初に病院に行くようにしてください。

当院のような所に行くのはその後になります。

頭痛の問題点

市販薬で比較的短時間のうちに良くなってしまう人が多いため、頭痛持ちの人でも病院に行くという人は案外少ないようです。

更に多くの方が頭痛薬が頭痛を治していると思い込んでいますが、薬は痛みを抑えるもので原因は治しているわけではありません。薬が痛みを抑えている間に身体が頭痛の原因を治しているというのが本当のところです。

つまり薬が効かないということは自分の身体が頭痛を治せていないということなので、そのためには身体から治していく治療やセルフケアが必要になります。それが当院で行っている整体や鍼灸気功なのです。

対応している頭痛

当院で対応しているのは「病院で緊張型頭痛か片頭痛と診断」されている頭痛の場合です。

当院での分類

吐き気がない

当院に来院される方の殆どが緊張型頭痛で吐き気のないのが特徴の一つです。頭は痛いけれど日常生活には支障がなく、市販薬で痛みを抑えている間に良くなってしまうことが多いため軽くみられがちで、結果として慢性的な頭痛になってしまいます。

吐き気がある

吐き気がある頭痛は起きるのがつらく日常生活に支障があるため仕事や学校や病院に行くことができません。ただし時間の経過とともに楽になることが多く日中には回復している場合がよくみられます。

これは片頭痛に多く、市販薬では良くならないため病院の薬を常用している方が多いようです。

頭痛に対する考え

頭痛は腰痛や足のしびれや肩こりと考え方は同じで、まずは現場(筋肉)で解決して、無理であれば本部(自律神経)で解決するのが基本です。

緊張型頭痛というのは(筋肉)緊張型頭痛という意味で、肩こり等の筋肉の硬さが頭痛に関係していると言われ、実際に肩のマッサージをするだけで頭痛は軽減します。

ところが片頭痛の場合には肩のマッサージをしてもうんともすんとも言いませんので、筋肉を硬くさせる原因である自律神経の調整がどうしても必要になるのです。

更に目や歯や顎の問題、姿勢、天候(低気圧)、食べ物、睡眠不足、人間関係、環境の変化等の「ストレス」によって自律神経は乱れていくので、治療と同時に生活習慣の見直しというのがどうしても必要になってきます。

頭痛治療の目的

頭痛治療の目的は「今起きている頭痛を取り除くこと」と「再発しないようにすること」の2つ。薬を服用してその日は頭痛が治ったとしても翌日に再発を繰り返して起きるようでは良くなったとは言えません。

それは利息の返済をしているだけで借金本体は一向に変わっていないのと同じです。

頭痛の治療法

接骨院では頭痛は保険の対象とはなっていませんので整体か鍼灸気功になります。

どちらが効果があるかというと思われるかもしれませんが差はありませんので、好きな方、やってみたい方をお選びください。というのはどのような考え方を持って治療をするかということが最も大事なことであって、治療法はその考え方の元におこなわれる道具にすぎないからです。

経過観察

治療やセルフケアは自分に合っているかどうかはやってみないとわかないので自分で頭痛の観察をして効果があったかどうかを確認する必要があります。頭痛の治療の目的は現在の痛みをとることと再発を防ぐことであるということさえわかっていれば観察は難しくありません。

治療後に頭痛が軽減しているか?

緊張型頭痛では効果があれば治療直後から頭痛が軽減していることが多いのですが時間が経ってからから軽減する場合もあります。もし翌日になっても軽減していない場合は治療が合わないか、複雑に入り組んだ頭痛かもしれません。

その場合でも1回で結論を出さないでなるべく間隔を詰めて何回か続けた方が良いと思います。

次の頭痛までの間隔が長くなっているか?

例えば毎日頭痛があった人が治療翌日は頭痛が消失し翌々日には再発した場合に「戻ってしまったから効果がなかった」と考える人と「症状が一度消失したのだから効果があった」と考える人がいます。この場合は症状に変化があったので効果があったと考えられるので治療を続けるべきです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。