雨の日が近くなると頭痛になりやすい

こんにちは!横浜市都筑区のセンター南で頭痛治療をおこなっているさくら接骨院・鍼灸院です。

雨の日や雨の日が近くなると頭痛になりやすいという人がいます。これは雨というよりも気圧の変化(低気圧)を身体が察知して自律神経が乱れるからと言われています。自律神経が乱れると体調を崩しやすくなるのですが特に交感神経が優位な状態が続く時にそれは多くみられます。ただし低気圧は避けられませんからこのままでは治す方法はないと言うことになります。

この場合自分の頭痛を低気圧のせいにしてしまいがちですが果たしてそうなのでしょうか。

全員が低気圧になると頭痛になるわけではありません。低気圧になっても頭痛にならない人もいます。と言うことは受けとる側にも問題があるとは考えられませんか。自分が頭痛になりやすい体質になっているのが問題なのではないでしょうか。低気圧は頭痛になるきっかけに過ぎません。頭痛体質だから低気圧になると頭痛になるのです。頭痛体質を改善すれば低気圧で頭痛になることはなくなるとは考えられませんか。

残念ながらほとんどの方が低気圧による頭痛には頭痛薬で痛みを抑えてしまいます。頻繁に頭痛になるのであればそれは考え直さなければいけません。薬はその場の痛みを抑えているだけで頭痛体質を治すわけではないからです。また低気圧になれば頭痛になるの繰り返しなのです。隣の部屋の音がうるさくてヘッドフォンをしている状態と同じです。ヘッドフォンをしている間は隣の部屋の音は気になりませんが外せばまた聞こえて来るのです。

頭痛体質というと大げさですが要は身体が悪くなると最初に頭痛に出やすくなっているということ。人は完璧ではありませんから弱点となるところがあり身体が悪くなるとその弱点から痛みが出てくるのです。

頭痛は筋肉が原因で痛みが起きることが多いと考えています。具体的にはトリガーポイントという筋肉のこりです。頭痛を引き起こしやすい部分にトリガーポイントが常にある、またはすぐにできやすい状態になっているのです。雑草を取る時に根元から雑草を取らないとすぐに出てきてしまう様にトリガーポイントを解消しておかないと繰り返し頭痛になるのです。なので治療としてはトリガーポイントの解消を狙います。そのトリガーポイントが頭痛の原因であれば低気圧での頭痛は無くなるのです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ

Follow me!