微弱電流

当院で使用している電気療法に微弱電流(マイクロカレント)というのがあります。

この機器は名前の通り微弱な電流を流します。

自分が今まで使ってきた電気療法は大体筋肉をピクピクと動かして筋肉を緩めます。

結果として血行を良くして痛みを軽減させるという作用機序なのですが微弱電流は違います。

こちらはさらに小さな単位である細胞に関与し修復する機能があるのです。

通常細胞には生体電流という微弱な電流が流れています。

ところが細胞が弱ったり損傷が起きると生体電流は乱れます。

その乱れた生体電流を元に戻すために損傷電流というものが発生するのです。

外部からも損傷電流と同じような電流を補ってあげれば

より早く回復するのではないかということで使われたのが微弱電流です。

接骨院で扱う疾患にはほぼ対応できます。

筋肉が傷ついた場合の修復にも使えますし、痛みを取ることもできます。

急性期も慢性期も使えるのが強みです。

欠点は微弱な電流なので何も感じないのでやってもらった感がないことですね。

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。