電気療法をおこなう理由

通常、接骨院や整骨院の保険治療では電気療法として低周波や干渉波(当接骨院では中周波)をおこないます。

硬くなっている筋肉に通電すると筋肉はピクピクと動きそのうちに緩みますが、筋肉が緩むと筋肉の中を通っている血管も拡がって血行が良くなり、血行が良くなると発痛物質を洗い流して痛みが軽減するという流れです。これは筋肉が硬いのが原因で痛みを起こしている場合に有効となります。

ただし、同じ硬くなっていてもぎっくり腰や寝違え等の発症初期の場合は病的に筋肉が硬くなっています。そのため上記の電気療法で無理に動かして緩めようとすると却って筋肉が抵抗して悪化する場合があるので避けた方が無難です。

また肉離れのように筋肉が傷ついたような時の初期の場合も電気療法で無理やり動かすと傷口が広がる恐れがあるので避けた方が無難です。

そのため低周波や干渉波、中周波等の電気療法は発症初期は避け、数日経過してから使うのが基本となりますが、それでも電気療法をおこないたい、もしくは少しでも早く良くなりたいという場合はそれらの代わりに自費になりますが微弱電流(マイクロカレント)という電気療法が有効となります。

微弱電流は名前の通りに電流が微弱なので筋肉に気づかれずに深部の細胞へ行き修復に関与することが可能。筋肉に気づかれないということは筋肉を動かすことがないので、急性期の筋肉が硬くなりすぎている場合や傷ついている場合にも使えるのです。

ただし基本的には微弱な電流なので何も感じないので物足りない方はいるかもしれません。

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)