整形外科や他の接骨院との併用

接骨院と病院で同じ疾患での保険治療の併用は不可

例えば腰痛で病院に通っている人が同時期に接骨院にも通うということはできません。治りが良さそうな気がするのでしょうが保険を使うならばどちらか一つだけにしましょう。

どうしても両方通いたいのであれば片方は自費で行くようにしてください。

同時期に腰痛で病院と接骨院に保険治療をした場合

治療費というのは患者さんが3割負担して残りの7割が健康保険組合が支払うもの。病院も接骨院も健康保険組合に腰痛の治療をしましたという請求書を出しますがこの時に2箇所で治療していたということがわかってしまいます。

その場合は病院には治療費が支払われますが、接骨院は却下されてしまうという規則になっています。結果患者さんに7割請求するということになりますので、それなら最初から自費でおこなうのが良いのです。

接骨院と接骨院も併用不可

このように言うと感じが悪い接骨院だと思われてしまいますが、保険で対応してしまうと先程と同じで健康保険組合から治療費の支払いが拒否されます。支払いが拒否されるのがわかっているのにわざわざするわけにもいきません。

つまり整形外科との併用や接骨院同士の併用は保険上の問題で出来ないのであって保険を使わなければ問題はないので片方は自費で行うようにしてください。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。