坐骨神経痛とは

はじめに

坐骨神経痛とは坐骨神経に沿った痛みと言う意味ですが、特に足の後側や外側の痛みや痺れのことを指していることが多いようです。

足が痺れる場合はまず最初に病院に行きましょう。そこで腰部にヘルニアが見つかれば腰椎椎間板ヘルニアという名前がつきますし、何も見つからなければ坐骨神経痛という仮の名前がつます。坐骨神経痛と言うのは原因不明の足の痺れのことなのです。

原因

例えば棘が刺さって痛みがあるとします。痛み止めの薬があれば棘をとらなくても痛みをなくすことができるかもしれませんが、薬がない場合は棘を取らなければ痛みは取れません。それと同じで病院では原因不明の足の痺れであっても強引に薬で痺れを抑えることができますが、当院のように手技によって痺れを軽減させるには原因を探し出す必要があります。当てずっぽうでは痺れを治すことはできないのです。

坐骨神経というのは脊柱管の中を通り、椎間板の側を通り、筋肉の中を血管と一緒に通って足に続きます。病院で坐骨神経痛と言われたのであれば、裏を返せば足の痺れの原因に椎間板も脊柱管も関係していないということ。何故かというと筋肉以外は画像検査でわかるから。すると次に悪さをしている可能性が高いのは筋肉ということになります。

筋肉が硬くなってしまうと神経と血管は圧迫されて痺れや痛みを起こすのです。

症状

坐骨神経痛の症状は「足が痺れる場合」と「足が痺れて長く歩けない」の2つに分かれます。

足が痺れる

坐骨神経痛は足の外側や後側に出る場合が多く、たまに前側に痺れが出る場合もあります。痺れが出る部分によってどこの筋肉が悪さをしているかというおおよその見当がつきます。

足が痺れて長く歩けない

足が痺れて長く歩けないのは間欠跛行と言い脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。ただし筋肉が原因の場合でも同じ症状はます。その場合はおそらく歩くことによってより血液を必要としているはずが「筋肉の硬さ→血行不良→酸素不足→痺れ」を起こしているものと考えられます。

治療

坐骨神経痛の治療の目的は2つあります。1つは今抱えている坐骨神経痛を改善させること。もう1つは再発しにくい身体にすること(体質改善)。坐骨神経痛は腰の問題ではなくて全身の問題です。そのため治療方法は整体か鍼灸気功のどちらかで保険は対象外になります。

どれくらいで良くなるのか

だいたい6回くらいを目安にしています。治療というのは原因となる筋肉を探して緩めて効果を確認する「仮説→実行→検証」の繰り返しです。その間で症状が軽減していれば継続して、全く変わらなければ中止した方が良いでしょう。

結論

最初にすべきことは病院で自分の足の痺れが何からきているのかを診てもらうということ。そして病院で症状に変化が見られない場合は筋肉の可能性があるので当院のような手技療法をすることも考えてください。仮に画像検査でヘルニアや脊柱管狭窄症が見つかっても痺れと関係がない場合もあるのです。

料金

  • 整体、鍼灸気功ともに初回6480円、2回目以降5400円になります

初めての方

  • 相談を希望の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします
  • 初回はお電話での予約になります
  • 2回目以降の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします

場所と駐車場のご案内

  • 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央44-5カトレアビル301
  • 横浜市営地下鉄ブルーラインセンター南駅4番出口徒歩1分
  • 駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。