坐骨神経痛とは

ヘルニアとの違い

足が痺れた時に病院に行くと画像の検査をします。その時に腰部にヘルニアが見つかれば腰椎椎間板ヘルニアという疾患名がつきます。何も見つからなければ坐骨神経痛という仮の名前をつけて様子を見ながら治療が開始されます。坐骨神経痛と言うのは原因不明の足の痺れのことなのです。

坐骨神経というのは腰椎から出て名前を変えて足底まで続いている神経で、その神経に沿って痺れがでてくることからそのような名前がついています。

原因

足の痺れがあって画像検査で原因が分からないのであれば骨関係の問題ではないということ。他に考えられるのは坐骨神経の通り道にある筋肉。坐骨神経は血管と一緒に筋肉のトンネルの中を通っているので、筋肉が硬くなってしまうと神経と血管は圧迫されて痺れや痛みを起こしてしまうのです。

仮に画像検査でヘルニアや脊柱管狭窄症が見つかっても痺れと関係がない場合もあります。病院で変化が見られない場合は筋肉のことも疑ってみてください。

最初にすべきことは病院で自分の足の痺れが何からきているのかを診てもらうということ。その後状況によって当院のような手技療法も併用することも考えると良いでしょう。

症状

坐骨神経痛の起こる部位は足の外側や後ろ側に出る場合が多く、たまに大腿神経痛と言う前側に痺れが出る場合もあります。痺れの出る状況は常に痺れている場合と歩き始めると痺れてくる場合と座ると痺れてくる場合に起きることが多く見られます。

例えば座ると足が痺れてくるのであれば座った時に使われる筋肉が怪しく、歩くと足が痺れるのであれば歩いた時に使われる筋肉が怪しいのです。そのため治療としては原因となる筋肉を見つけ出してそこを緩めていくことになります。

治療

坐骨神経痛の治療の目的は2つあります。1つは今抱えている坐骨神経痛を改善させること。もう1つは再発しにくい身体にすること(体質改善)。坐骨神経痛は腰の問題ではなくて全身の問題なので全身を診て行く必要があります。そのため当接骨院・鍼灸院での坐骨神経痛の治療方法は整体か鍼灸気功のどちらかになります。保険は対象外になります。

セルフケア

自分の坐骨神経痛の原因が筋肉によるものであれば仰向けになってテニスボールを殿部に押し当ててゴリゴリとマッサージをしてください。

ほとんどの疾患というのは坐骨神経痛も含めてコツコツ積み上げて起きた生活習慣病です。生活習慣を改善してストレスを減らすようにしましょう。例えば適度な運動、食生活の改善、規則正しい生活、睡眠、深呼吸、足湯、爪もみ等ですが一度に全部行う必要はなくて先ずは一つだけ継続してやってみると良いでしょう。

料金

  • 整体、鍼灸気功ともに初回6480円、2回目以降5400円になります

初めての方

  • 相談を希望の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします
  • 初回はお電話での予約になります
  • 2回目以降の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします

場所と駐車場のご案内

  • 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央44-5カトレアビル301
  • 横浜市営地下鉄ブルーラインセンター南駅4番出口徒歩1分
  • 駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。