一回で治りますか?

一回で治りますか?

「一回で治りますか?」ということを聞かれることがあります。

これは塾に行って「今日勉強をしたら明日の試験に合格しますか ?」と言っているのと同じ。

中には合格する人もいるかもしれませんが、

ほとんどの場合は計画的にコツコツと積み上げていかないと結果は出ないものなのです。

痛みは登山と似ている

痛みは登山と似ていて頂上に登ってから降りてくるもの。

例えば急性疾患であるぎっくり腰の場合、

最初の3日間位までは痛みは悪化することが多いのですが

痛みがピークまで行っていなければ

施術をしてもさらに痛みは強くなります。

薬を飲んだからと言ってすぐに良くなるわけではないのと同じなのです。

施術の意味

それならば施術に意味はないのかと思うかもしれませんがそんなことはありません。

「痛みが山を登り続けるのを中止することはできない」のですが

荷物を持ってあげることはできるのです。

荷物を持ったからといって痛みが楽になるかどうかはわかりませんが、

少なくとも歩く速度が上がるので目的地への到着(回復)が早まるのです。

慢性的な痛みの場合

慢性的な痛みの場合はどうでしょうか。

慢性的な痛みは痛みが変わっていないということなので

言い換えると下山中に迷子になった状態と似ています。

この場合は帰りのルートが見つけ出せれば痛みの軽減は早くなります。

そのルートを見つけだすのが施術の役割になります。

理由

一回で良くなったことはありますよという方もいるとは思います。

当接骨院でもそのようなことを経験していますが

基本的には一回では良くならないとお考えください。

何故かと言うと荷物を持ってもらったとしても、帰りのルートがわかったとしても

最後は自力で下山するしかないからです。

下山する力(自然治癒力)がないと帰れない(痛みが治まらない)のです。

結論

複数回の治療で効果を出していくと言うのが当院の方針です。

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。

前の記事

腰痛の予防としての腹筋

次の記事

よく足がつれる場合