首の痛みの対処法

はじめに

首が痛くなった場合に接骨院で対応できるものは頚部捻挫と言い、「寝違え」のように「自分で首を動かして痛くなった場合」と「むちうち」のように「外部から必要以上に首を動かされた場合」の2つに分けられます。

自力と他力の違いはありますがどちらも首が正常に動く範囲を超えて動かしてしまったために起こるものです。

寝違え

寝違えに関しては首が痛くて目が覚めるというということはなく起き上がった時に痛みが気がつくことが多いようです。

寝ている間にヘルニアになったり骨にヒビが入るということはまず考えられません。寝ている間に首周囲の筋肉が硬くなって可動範囲が狭くなっている時に、いつも通りに首を動かしてしまい筋肉が伸ばされて痛めるというわけです。日中に首が痛くなるのも基本的には寝違えと同じで、長時間同じ姿勢をしたこと等で筋肉が硬くなっている時に急に首を動かしたために痛めるのです。

原因

寝違えの原因は筋肉が硬くなることですがその筋肉が硬くなるのは何故なのでしょうか

枕や寝相

寝違えの原因は枕の高さや寝相の悪さ等とよく言われていますが原因として占める割合は少ないと考えています。

寝違えの原因は筋肉が硬くなること。就寝中は首をあまり動かしませんし、体温も下がるので筋肉は硬くなってきますが、それは誰でも毎日起こることなのでそれだけでは寝違えにはなりません。

うつ伏せ

うつ伏せで寝るのが習慣になっている場合は寝違えになる可能性が高くなります。足を組むのがいつも同じ足であるように、うつ伏せで寝る場合も左右に向く方向が決まっています。同じ方向にずっと向いていると筋肉が硬くなりやすいのです。

疲労

最も筋肉を硬くさせるものは疲労です。疲労等が蓄積されて筋肉がいつもより硬くなっている場合に寝違えになりやすくなります。

寝ている間にその日の疲労や筋肉の硬さは修復されるのですが、その力が低下している場合は修復が間に合いません。

それらの結果が寝違えを引き起こすと考えられます。寝違えの問題は起きている時の問題がメインなのです。

むちうち

寝違えは自分の動きで首の筋肉を痛めてしまいますが、むちうちは交通事故や衝突やスポーツ等の外力によるものです。自力であれば限度がありますが外力によるものなので限度がなく、更に予期しない所からの衝撃なので例え小さな衝撃でも寝違えよりもダメージが大きく時間がかかることがあります。

治療

身体の中で首が一番の弱点になっている人が疲労を乗り切れなかった時に寝違えになると考えています。そのため治療すべき部分は首と疲労ということになります。疲労は一時的であることが多いので保険で首の治療をするだけでも対応できます。

ただし治りが悪い場合や繰り返している場合は疲労が回復していないと考えられるので疲労を取り除く整体か鍼灸気功をおこなう方が良いでしょう。

首の痛みと同時に手のしびれや他の症状が一緒に出てきた場合、衝突や交通事故によるむちうちの場合は最初に病院に行くようにしてください。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。