首が痛くなるパターン

首が痛くなるパターンというのはだいたい2つに分けられます。ひとつは朝起きた時から首が痛くて動かせなくなるいわゆる寝違え。それから交通事故等による外部からの衝撃によるむちうちです。

寝違えとむちうち

首の痛みとして代表的なものは寝違えとむちうちですがどちらも正式名称ではありません。接骨院や整骨院ではともに頚部捻挫と言います。自力と他力の違いはありますがどちらも首の正常に動く範囲を超えて動かしてしまったために起こるものです。

寝違え

寝違えは痛くて目が覚めるというよりも目が覚めて起き上がる時に痛みに気がつきます。寝ている間にヘルニアになったり骨にヒビが入ったということはまずありませんので動かして痛みを起こす原因は筋肉が一番に考えられます。

寝ている間に筋肉が固まっていて、起きる時に首を動かして痛めるというわけです。慎重に起き上がっていれば寝違えは避けられたかもしれません。日中に首を動かした時から急に首が痛くなるのも基本的には寝違えと同じです。

原因

寝相や枕の高さ

寝違えの原因は枕の高さや寝相等とよく言われていますが原因として占める割合は少ないと考えています。

寝違えの原因は筋肉が硬くなることです。寝相が悪いだけでは筋肉はそれほど硬くなりません。普通に考えるとそのような寝相が続くと身体は不快に感じるはず。そのうちに寝返りを打って首の向きを変えるでしょうから普通は長く続かないのです。もし長く続くとしたら疲労が強くなっていて寝返りもうてなかった時でしょう。

うつ伏せ

うつ伏せで寝るのが習慣になっている場合は寝違えになる可能性が高くなります。足を組むのがいつも同じ足であるように、うつ伏せで寝る場合も左右に向く方向が決まっているので筋肉が硬くなりやすくなるからです。

そういうことがなくても就寝中は首をあまり動かさないですし、体温も下がるために筋肉は硬くなってきます。ただそれは誰でも毎日起こることなのでそれだけでは寝違えにはなりません。

ストレス

それよりもストレスや疲労等が蓄積されて、寝る前に筋肉はいつもより硬くなっている場合に寝違えになりやすくなるのです。寝ている間にその日の疲労や筋肉の硬さを修復してくれる力が人間にはあるのですが、体調の悪化によりその力が低下している場合は寝ている間に修復できません。それらの結果が寝違えを引き起こすのです。寝違えの問題は起きている時の問題なのです。

日中に首が痛くなる

日中に首を痛めるのも基本的には同じです。事務作業や車の運転等で首回りの筋肉が硬くなっている時にいつもと同じように無意識に動かしてしまうと起きやすくなります。首の問題と思われていますが基礎には生活習慣の積み重ねによる全身の問題があります。

むちうち

寝違えは自力で首の筋肉を痛めてしまいますが、むちうちは交通事故や衝突やスポーツ等の他力によるものです。予期しない所からの衝撃なので例え小さな衝撃でも寝違えよりもダメージが大きく時間がかかることがあります。

治療

寝違えになる人は疲労がピークを迎えた時点で身体の中で首周囲が一番弱っていたためです。通常は保険治療でも問題ありません。ただ常に首が弱い人は癖になって寝違えを繰り返すことになるので全身の調整をおこなう整体治療か鍼灸気功治療をおこなうほうが良いでしょう。交通事故によるむちうちの場合は自賠責保険での治療になります。

セルフケア

全身のセルフケアとしては自然治癒力の回復、首回りのセルフケアとして初期は落枕、合谷曲池等の経穴(ツボ)を押しておくといいでしょう。

料金

  • 保険は初回約2000円 以後約900円 (3割負担+αの場合)
  • 整体治療と鍼灸気功治療は初回6480円、2回目以降5400円になります

初めての方

  • 相談を希望の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします
  • 初回はお電話での予約になります
  • 2回目以降の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします

場所と駐車場のご案内

  • 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央44−5カトレアビル301
  • 横浜市営地下鉄ブルーラインセンター南駅4番出口徒歩1分
  • 駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。