坐骨神経痛・足の痺れの対処法

はじめに

坐骨神経痛とは原因不明の足の痺れや痛みのことを言います。特に足の後側や外側に多く現れ、それが丁度坐骨神経に沿って痛みがでているためにそのような名前になっています。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症でも同様の症状が起こりますが、こちらは原因がわかっているので坐骨神経痛ではなくヘルニアや脊柱管狭窄症という名前がつくのです。

要は足の痺れがあって画像検査などでヘルニアや脊柱管狭窄がみつかればその名前がつきますが、原因が不明であればとりあえず坐骨神経痛という名前がつくのです。

原因

坐骨神経というのは脊柱管の中、椎間板の側、筋肉の中を血管と一緒に通って足に続くので、単純に考えれば通り道である脊柱管か椎間板か筋肉が怪しいと考えるのが普通です。

この中で脊柱管と椎間板は画像検査でわかるので、もしわからないようであれば筋肉が原因である可能性が高くなります。筋肉が硬くなってしまうと神経と血管は圧迫されて痺れや痛みを起こしやすいのです。

症状

坐骨神経痛の原因を探していくのには「足が痺れる部分」と「足が痺れる動作」の2つをみていく必要があります。

足が痺れる部分

坐骨神経痛は足の外側や後側に出る場合が多くみられ、痺れが出る部分によってどこの筋肉が悪さをしているかというおおよその見当がつきます。

足が痺れる動作や姿勢

座ると足が痺れてくる人、歩くと足が痺れてくる人、常に足が痺れている人に大体分けられますが、どれも「筋肉が疲労して硬くなる→血行不良→痺れ」の流れと考えられます。

座ると足が痺れてくる人は座っている時に使われている筋肉、歩くと足が痺れてくる人は歩く時に使われる筋肉がそれぞれ疲労して硬くなることによって痺れを引き起こします。常に痺れている人は何もしなくても既に筋肉が硬くなっているということになります。

つまり坐骨神経痛の原因が筋肉である場合は筋肉が硬くなっている部分を見つけて緩めてあげれば痺れは軽減していくのです。

治療

長時間座り続けていたり、長時間歩くと起きる筋肉疲労による硬さを回復する能力を誰でも持っていますが、その能力が身体の疲労により衰えていると筋肉の硬さを回復させることができません。

そのことから治療の目的は「原因となる筋肉を緩めること」と「疲労回復」ということになります。

坐骨神経痛は全身が影響しているので当院の治療としては全身の調整をおこなう整体か鍼灸気功のどちらかになるということです。

まとめ

最初にすべきことは病院で自分の足の痺れが何からきているのかを診てもらうということ。そして病院で症状に変化が見られない場合は筋肉の可能性があるので当院のような手技療法をすることも考えてください。仮に画像検査でヘルニアや脊柱管狭窄症が見つかっても痺れと関係がない場合もあるのです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。