坐骨神経痛・足の痺れの対処法

はじめに

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症は足の痺れが出た時に真っ先に疑われるもの。

病院で画像検査をしてそれぞれが確認できれば「足の痺れ」と言う症状から「腰椎椎間板ヘルニア」もしくは「腰部脊柱管狭窄症」と言う疾患名に変更になって治療が開始されます。

ところが画像検査をしても何も異常が見つからないことも多く、その場合に坐骨神経痛と言う仮の名前が付けられます。

坐骨神経痛は原因不明の足のしびれのことなのです。

原因

坐骨神経痛と診断されたのであれば少なくとも椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症ではないということ。するとそれ以外に神経を圧迫するものは筋肉しか考えられません。

筋肉の中を神経が通っているので筋肉が疲労して硬くなると神経を圧迫してしまうのです。そして筋肉が原因であれば、筋肉の圧迫を取り除くことで坐骨神経痛を軽減させることが可能なのです。

症状

筋肉が原因による痺れはパターン化しているのが特徴です。足の痺れる部分は主に下肢の後側か外側が多く、足が痺れてくるのは座位時、歩行時もしくは常時の3パターンのうちのどれかになることが多いというわけです。

更にある姿勢、ある動作で足が痺れてくるということは、その時に最も使っている筋肉が疲労して硬くなったからと考えるのが妥当なのです。

治療

ある程度の時間が経つと痺れは軽減していくことが多いため、その間は市販や病院の薬やシップなどで痺れをしのいでいく事が多いのですが、薬やシップはあくまでも痺れを抑えるものであって治しているわけではありません。自分自身の持っている治す力、自然治癒力が正常に働かないといつまでたっても痺れたままなのです。

そのことから治療の目的は「原因となる筋肉を緩めること」に加えて「自然治癒力の回復」も必要ということになるので、当院の治療で当てはまるのは整体か鍼灸気功のどちらかになります。

まとめ

最初にすべきことは病院で自分の足の痺れが何からきているのかを診てもらうということ。

そして病院で症状に変化が見られない場合は筋肉が原因の可能性があるので当院のような手技療法をすることも考えてみてください。仮に画像検査でヘルニアや脊柱管狭窄症が見つかっても痺れと関係がない場合もあるからです。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。

    前の記事

    腰痛・慢性腰痛の対処法

    次の記事

    頭痛の対処法