膝の筋トレをしても痛みが良くならない

大腿四頭筋訓練

筋肉が減った人の場合に有効

一般的に膝の痛みがある場合、特に病院の画像検査で膝の骨と骨の間の隙間が狭くなっている人には大腿四頭筋の筋トレが積極的に勧められています。

これは「筋肉が減る→筋力不足→膝を支えることができない→膝の痛み」と考えているからなので、怪我をした人や寝たきりであった人のように筋肉が減っている人には有効でしょう。

筋肉が疲労している人には無効

ところがいつも通りに生活していてある日突然膝に痛みが出てきたという人の場合でもやはり大腿四頭筋の筋トレが勧められます。普通に生活している人が筋肉が減ったとは考えにくいのですが。

このような場合に最初に考えるのは筋肉が疲労して硬くなっているのではないかということ。筋肉が硬くなった分だけ本来の力を発揮できないため膝の痛みにつながっていると考える方が自然なのです。運動をしていて終盤にパフォーマンスが落ちるのと同じです。

通常は休養で回復するのですが、回復が間に合わなくなっており、「筋肉が疲労で硬くなる→膝を支えることができない→膝の痛み」という状態になっているのです。

治療院の選び方

このような場合は疲労して硬くなっているを筋肉を緩めれば良いのですが、ここで大事なのは何療法が効くのかということではなくて、どこを緩めると効果があるのかということ。治療法は何でも良いので原因を見つけることができる治療院を探してください。

膝が痛いからといって膝だけを治療したりや筋トレばかりしていてはいつまでたっても良くはならないのです。
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。