股関節の痛みの対処法

はじめに

股関節痛の原因として一般的に疑われるのは「股関節の骨がすり減った 」ことによる変形性股関節症ですが、実はすり減った骨は元の状態には戻りません。

元の状態には戻らないのであれば一生股関節の痛みと付き合わなければいけないはずですが、実際はそうでもありません。

何故かというとすり減った骨とは関係なく、筋肉が硬くなったことによっても股関節の痛みが起きるからです。

筋肉が原因の股関節の痛みであれば整体や鍼灸等の筋肉を緩めていく治療やセルフケアを行えば改善が見込めるのです。

症 状

股関節の痛みは女性の方に多く、歩いた時、あぐらをかいた時、ズボンを履こうとして足を上げた時、座っている時等に多くみられます。

治療法

誰にでも自然治癒力というものが備わっているので、股関節の痛みもぎっくり腰や寝違えと同じように何もしなくてもある程度の期間で改善されることが多くみられます。

ただし、全身の不調により自然治癒力が弱まっている場合はいつまでたっても良くなりませんので、そのような場合は股関節だけを見ていく治療よりも、全身を見ていく治療(当院では整体治療や鍼灸気功治療)を選ぶようにしてください。

対処法

仰向けになって片方ずつ膝を抱えて胸につけてみてください。その時に股関節に痛みが出るようでしたら股関節の筋肉が原因の可能性が高いので股関節のストレッチをおこないます。

単純に筋肉が硬いだけであればそれだけでも軽減する可能性はありますが、ストレッチをしても変わらない場合や悪化するのが心配であれば治療に行くようにしてください。

筋肉が原因の股関節痛は股関節周囲の筋肉だけが悪いのではなく、生活習慣の積み重ねによる全身の問題が基礎に必ずあるので治りが悪ければそちらの方も本腰を入れて対策をしていく必要があります。

にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。

    前の記事

    頭痛の対処法

    次の記事

    膝の痛みの対処法