腰椎椎間板ヘルニアとは

腰痛や足の痺れに関係する疾患に腰椎椎間板ヘルニアというのがあります。腰部の背骨と背骨の間にあるゼリー状の椎間板が押しつぶされてはみ出た状態になっています。一般的には腰痛に関与していると思われていますがメインは足の痺れです。

腰椎椎間板ヘルニアの一般的な治療法

椎間板がはみ出たのなら元に戻せば良いのですがそれは基本的に体内に自然吸収されるか手術で取るしかありません。ただしどれくらいで体内に自然吸収されるのかは個人差があります。手術も他の方法と比べて短期的には有効ですが長期で見るとそれほど差がありません。なので手術を勧められるのは今が辛くて辛くてどうしようもない人ということになります。

メインは対症療法

では手術以外の治療は何をやっているのか。手術以外の治療はヘルニアにはアプローチしていません。足の痺れという症状を軽減させることを目的として治療しているのです。症状を抑えているうちにその人の持つ自然治癒力が治してくれるのを待つわけです。

これを対症療法、保存療法と言いますが根本的な治療ではありません。原因に対して治療をしてるわけではないのでいつ良くなるかわかりません。もし良くなっていないのであれば他の方法も考える必要があります。

昔は椎間板ヘルニアでも何でも足が痺れる場合はどこへ行っても腰が原因と言われていました。そして腰や痺れる部分に電気療法やホットパックやマッサージをするのがスタンダードでしたが結果ははかばかしくありませんでした。

椎間板ヘルニアだからなかなか良くならなくてもしょうがないという認識があり、良くなったとしても大分時間が経過してからなので個人的には治療で良くなったのかどうかはずっと疑問でした。

ヘルニアと足の痺れは関係がない場合もある

今ではヘルニアの考え方も治療方法も様々に進化してきており、「腰椎椎間板ヘルニアがあっても足の痺れがない」という無症候性のヘルニアというのもあります。

健康な人の腰の画像検査をしたところ7割の人にヘルニアがあったという報告、その他にも足の痺れが無い人でもヘルニアが見られるというデータは多くありますので。これはヘルニアと足の痺れが関係がない場合がある事を示唆しています。

当院ではヘルニアを治そうとはしていません。そもそも腰椎椎間板ヘルニアの治療をするという土俵には立っていません。ヘルニアを何とかしたいのであれば病院の方で治療した方が良いでしょう。当院ではトリガーポイントを使って腰痛や足の痺れ等の治療をおこなっているのです。

トリガーポイントも足の痺れを引き起こす

筋肉にトリガーポイントという硬結ができると血行が悪くなり足の痺れを引き起こすことがわかっています。その場合はトリガーポイントを解消すると血行が戻って足の痺れも解消されます。

例えば正座を続けると足が痺れてきます。あれは正座をすることで筋肉が血管を押しつぶして血行不良になったためなのですがそれと似ていますね。ヘルニアは治せませんが筋肉が原因であれば筋肉を緩めることにより足の痺れは治す事は可能なのです。

最近、足の痺れに仰向けになってテニスボールで殿部をゴリゴリするセルフケアをよく見かけます。これはトリガーポイントで推奨されているものですがトリガーポイントが原因の人には効果があります。

ただしこの足の痺れは筋肉が原因かどうかについては実際に数回治療をしてみて効果があるかどうかで判断するしかありません。もし違っていたとしても長期間無駄に治療を続けなくても済みます。当院の整体治療は正にこれなのです。

少なくとも病院で椎間板ヘルニアが原因で足の痺れが起きていると言われても筋肉の可能性もあるということを頭に入れておいてください。

当院の治療

当接骨院では足の痺れや坐骨神経痛と言うものに対しては自費の整体と鍼灸気功で対応しています。整体では数多くの筋肉の中から足の痺れに関係している筋肉(トリガーポイント)を探してそこに治療を行います。

鍼灸気功は全身を流れている気の流れの滞りが足の痺れを引き起こすと考えています。その滞りは経穴付近に反応点として現れてきますので気功でその反応点を見つけ、気功を使って気の流れを回復させていきます。

治療方法は違いますがどちらも足の痺れのポイントを見つけてそこに治療するというのは同じです。