はじめに

頭痛は国民病と言われています。実際に日本人の4人に1人が頭痛持ちで、また国民生活基礎調査によると女性が抱えている症状の5番目に頭痛があります。

ところが市販薬で何とかなる人が多いので治療に行くという人は案外少ないのではないでしょうか。頭痛が起きると身体は痛みを抑えようとします。その時に毎回薬で抑えてしまうと身体も薬に頼ってしまって本来の痛みを抑える働きをしなくなってしまうのです。そのうちに薬の効きが悪くなって次から次へと他の薬に変えていくようになります。

そのために完全に治ることなく慢性的な頭痛に苦しむことになります。言うなれば其の場をしのぐために借金の利息を払っているだけで借金本体の返済はできていない状態なのです。

対応している頭痛

頭痛になった場合は最初に病院に行って自分の頭痛がどのタイプの頭痛かはっきりさせましょう。「頭痛にはわずかながら危険な疾患が原因となっている場合がある」というのと「頭痛の種類により治療法が全く異なるから」です。

当院で対応している頭痛は「病院で緊張型頭痛か片頭痛と診断され」ていて「病院で治療をしていてもあまり変化が見られない」場合です。このような場合に病院と併用して通うことをお勧めします。

来院される方の特徴

殆どが緊張型頭痛

当院に来院される方はほぼ緊張型頭痛です。頭痛持ちではなかったのに急に頭痛になってしまい、市販薬を飲んでも効かず、病院の薬も効かないのでHPで見て来院したという方が多いです。

片頭痛は吐き気をともなうことが多くて起き上がれないためほとんど来られることはありません。なのでここからは緊張型頭痛について書いていきます。

頭痛に対する考え

当院では頭痛は「疲労→肩こり→頭痛」と考えています。疲労を起こさせるものは目や歯や顎の問題、姿勢、天候(低気圧)、食べ物、睡眠等ですがこれらは一言でいうと「ストレス」。つまりストレスは身体を疲労させて体調を悪化させます。

そうなると身体の弱っている部分や使いすぎている部分の筋肉に凝りができやすくなりますが、それが首や肩に凝りができれば頭痛になるのです。対策としては疲労と肩こりをとるということになります。

頭痛治療の目的

頭痛治療の目的は「今起きている頭痛を取り除くこと」と「再発しないようにすること」の2つ。薬を服用してその日は頭痛が治ったとしても翌日に再発を繰り返して起きるようではあまり意味がありません。

それは先ほど述べたように利息の返済をしているだけで借金本体は一向に変わっていないからです。

頭痛の治療法

接骨院では頭痛は保険の対象とはなっていませんので自費の整体か鍼灸気功になります。

経過観察

治療やセルフケアは自分に合っていたかどうかはやってみないとわかないので自分で頭痛の観察をして効果があったかどうかを確認する必要があります。頭痛の治療の目的は現在の痛みをとることと再発を防ぐことであるということさえわかっていれば観察は難しくありません。

治療後に頭痛が軽減しているか?

緊張型頭痛では効果があれば治療直後から頭痛が軽減していることが多いのですが時間が経ってからから軽減する場合もあります。もし翌日になっても軽減していない場合は治療が合わないか、複雑に入り組んだ頭痛かもしれません。

その場合でも1回で結論を出さないでなるべく間隔を詰めて何回か続けた方が良いと思います。

次の頭痛までの間隔が長くなっているか?

例えば毎日頭痛があった人が治療翌日は頭痛が消失し翌々日には再発した場合。「戻ってしまったから効果がなかった」と考える人と「症状が一度消失したのだから効果があった」と考える人がいます。この場合は症状に変化があったので効果があったのです。

料金

  • 整体、鍼灸気功ともに初回6480円、2回目以降5400円になります

初めての方

  • 相談を希望の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします
  • 初回はお電話での予約になります
  • 2回目以降の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします

場所と駐車場のご案内

  • 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央44-5カトレアビル301
  • 横浜市営地下鉄ブルーラインセンター南駅4番出口徒歩1分
  • 駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください