足が挙がらないので座って靴下が履きにくい場合の対処法

こんにちは!センター南で腰痛治療をおこなっているさくら接骨院・鍼灸院です。

 

立って靴や靴下を履く時は前かがみになりますが、腰痛の人はそれではつらいので椅子に座って履こうとします。

ところが椅子に座って靴下を履こうとすると、今度は足が挙がらなくて履きにくいことがあります。

座って足を挙げる時に使う筋肉は腸腰筋という筋肉で、その筋肉が硬くなっているために足を挙げることができないのです。

 

この筋肉が硬くなっていると他にも次のような症状がでやすくなります。

  • 椅子から立ち上がる時に腰が痛い
  • 腰が伸びない
  • 仰向けが辛い
  • 歩幅が狭くなる、
  • 足が挙がりにくいのでつまづきやすくなる
  • 階段が上がりにくくなる
  • 歩くと付け根のあたりが痛い

つまりこの筋肉は腰痛や股関節痛の主犯でもあるのです。

 

腸腰筋が緩んで来ると足も挙がりやすくなるので、セルフケアをするならば腸腰筋のストレッチ、お腹を温めるということになります。

ただぎっくり腰の初期のストレッチは悪化する場合もありますのでそのような場合は専門家の人に見てもらった方が良いでしょう。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。