ぎっくり腰になった場合安静にした方が良いですか?

こんにちは!横浜市都筑区のセンター南でぎっくり腰の治療をしているさくら接骨院・鍼灸院です。

「ぎっくり腰になった場合安静にした方が良いですか?」これもよく聞かれる質問です。

以前はぎっくり腰は安静にした方が良いと言われていました。おそらく足首の捻挫や肉離れと同じグループで筋肉が傷ついたことによるものと考えられていたからです。肉離れのように筋肉がブチブチと切れていたらなるべく安静にして筋肉同士がくっつくのを待つはずですですから。

現在ぎっくり腰は安静よりも日常生活の範囲内で動いた方が治りが良いと言われるようになりました。これはぎっくり腰が足の捻挫や肉離れのような筋肉が傷ついたことによる痛みのグループではないということ。ぎっくり腰は筋肉が硬くなったことによる痛みのグループに入ったということです。

筋肉が硬くなっていることによる痛みの場合は筋肉を緩めれば良く、それには筋肉を動かせば良いのです。だから動いた方が良いといわれるのです。ただし全く動けない場合や動かしたくなければ無理して動かす必要はありません。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ

Follow me!