慢性腰痛の対処法

はじめに

腰痛の多くは痛み始めてから遅くても1ヶ月もあれば何もしなくても自分が持っている自然治癒力により良くなりますが、一部は自然治癒力がうまく働かないために腰痛が良くならずに慢性腰痛に移行してしまいます。

病気といわれるもののほとんどが生活習慣病であり腰痛もその一つ。物が壊れた時に自分で直すか誰かに直してもらうかというのと同じで、腰痛を治すには先ず自分の生活習慣を見直して身体を整えていくか、それができないようであれば治療を受けて他人に身体を整えてもらう必要があるのです。

慢性腰痛の症状

慢性腰痛の原因のほとんどが筋肉が硬くなることによるもので2つのタイプに分類できます。

動くと腰が痛い

動くと腰が痛くなる、腰を曲げると痛くなる腰痛で、前に曲げると痛い、反らせると痛い、椅子から立ち上がる時が痛い、朝起きあがる時に痛いというもの。

身体の硬い人が無理して身体を曲げると痛みが走りますが、これは硬くなっている筋肉を必要以上に伸ばしているため。腰が痛いのも基本的にこれと同じで硬くなった筋肉が伸ばされた結果なのです。対策としては筋肉を緩めていくということになります。

じっとしていると腰が痛くなる

椅子に座っていると腰が痛くなってくる、立っていると腰が痛くなってくるというのはじっとしていると痛くなる腰痛で、これは同じ姿勢を続けているために一部の筋肉が硬くなってきて血行不良になることにより起きます。対策としてはやはり筋肉を緩めていくということになります。

慢性腰痛の原因

重いもの、くしゃみ、前かがみ、椅子から立ち上がる時が腰痛の原因とよく言われています。しかしこれらの事を日頃から注意しても腰痛は良くなりません。これらは腰痛が始まるきっかけであって腰痛の原因ではないからです。

腰痛の直接の原因は筋肉が硬くなることなので、その筋肉を硬くさせるのが何かという所まで考えていかないと慢性腰痛は良くなりません。

これは生活習慣の問題による全身の疲労によるもので、これにより本来各人が持っている自然治癒力がうまく働かなくなります。

例えば夏にエアコンが故障した場合にあちこちで修理に忙しいのですぐに来てはくれません。同様に腰痛の場合は全身が疲労しているため自然治癒力も全身の修復に忙しくて腰痛にまで手が回らないのです。

つまり慢性腰痛を治すには腰だけ治療していても良くはなりにくいということになります。

慢性腰痛の治療

慢性腰痛の施術の目的は原因である筋肉と全身の疲労をとること。全身の疲労を取るには全身治療である鍼灸気功か整体のどちらかをおこないます。

ちなみに2017年2月に米国内科学会で発表された腰痛のガイドラインでは慢性腰痛には投薬よりも鍼等の手技療法が勧められていることを付け加えておきます。

慢性腰痛のセルフケア

施術というのは道に迷っている人に道を教えることと同じであって、「あっちだよ」指をさして場所を教えることはできますが、目的地までは自分の力で行かなければなりません。自分の力が弱くて目的地までたどり着けないと慢性腰痛の様に治りが悪くなってしまうので、自分の力を良くするためには生活習慣を変えることやセルフケアが必要なのです。

経過観察

実際に治療を受けた後に自分でその経過を観察して効果があるのかどうかを判断する必要があります。治療後に症状が軽減しているか。椅子に座ると腰が痛くなるのであれば痛みがでてくる時間が遅くなっているか。動かすと痛いのであれば今までより軽減しているか。起床時の痛みは軽減しているか。個人によって様々なので1回の治療で判断しないで数回治療を受けてから判断するようにしてください。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。