腰痛・慢性腰痛の対処法

はじめに

病気といわれるもののほとんどが生活習慣病であり腰痛もその一つ。物が壊れた時に自分もしくは誰かに修理してもらうかというのと同じで、腰痛を治すには先ず自分の生活習慣を見直して身体を整えていくか、それができないようであれば治療を受けて他人に身体を整えてもらう必要があります。

時間的な分類

腰痛は痛くなってから1ヶ月位で大部分が良くなるので、それを超えたら慢性腰痛と考えてください。

症状

慢性腰痛の原因のほとんどが筋肉が硬くなることによるもので2つのタイプに分類できます。

動くと腰が痛い

前に曲げると痛い、反らせると痛い、椅子から立ち上がる時が痛い、朝起きあがる時に痛いというように動くと腰が痛くなる、腰を曲げると痛くなる腰痛です。

身体の硬い人が無理して身体を曲げると痛みが走りますが、これは硬くなっている筋肉を必要以上に伸ばしているため。腰が痛いのも基本的にこれと同じで硬くなった筋肉が伸ばされた結果なのです。

腰痛の筋肉は大体決まっているのでその筋肉を緩めていくということになります。

じっとしていると腰が痛くなる

椅子に座っていると腰が痛くなってくる、立っていると腰が痛くなってくるというのはじっとしていると痛くなる腰痛で、これは同じ姿勢を続けているために一部の筋肉が硬くなってきて血行不良になることにより起きます。

こちらも腰痛の筋肉は大体決まっているのでその筋肉を緩めていくということになります。

原因

腰痛はどのような原因であっても基本的には自分自身の持つ自然治癒力によって1~2ヶ月くらいで収束しますが、慢性的な腰痛になるのは自然治癒力が低下していて自力で腰痛を治せない身体になっているからです。

慢性腰痛を治すには腰だけ治療していても駄目で、自然治癒力を回復させるような治療やセルフケアが必要なのです。

治療

自然治癒力を回復させるには自律神経の乱れを正常に戻す必要があり、当院では全身治療である鍼灸気功か整体のどちらかをおこないます。

ちなみに2017年2月に米国内科学会で発表された腰痛のガイドラインでは慢性腰痛には投薬よりも鍼等の手技療法が勧められていることを付け加えておきます。

セルフケア

  • 腰のセルフケア   同じ姿勢を続けない、重いものを持たない、ストレッチ等
  • 全身のセルフケア  生活習慣の改善(睡眠、食事、運動、規則正しい生活、ストレス等)

治療というのは道に迷っている人に道を教えることと同じで、場所を教えることはできますが目的地までは自分の力で行かなければなりません。

その自分の力というのが自然治癒力でこれが正常に働いていないと腰痛は良くならないのです。

ところが一般的に重視されているセルフケアはほとんどが腰に関するもので、自然治癒力に関係する全身のセルフケアはおざなりにされているというのが現状です。全身のセルフケアを行うようにしてください。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。

    次の記事

    頭痛の対処法