前かがみで腰が痛い場合の対処法

はじめに

腰痛の中でも最も多い症状は前にかがむと腰が痛いというもの。

例えば下の物を拾うために、洗顔しようとして、靴を履こうとして等、前にかがむと腰が痛い場合は、基本的に痛いポーズが痛めた時のポーズであることが多いので、前にかがんだ時に痛めたと考えられます。

これらのほとんどが筋肉の硬さが原因なので硬い筋肉をストレッチすると痛みがあるのと同様、前にかがむと腰が痛い場合はその時にストレッチされる筋肉が硬いということです。

前かがみの時にストレッチされているのは後ろ側の筋肉ですが、腰や股関節や背中だけではなく足や首までも前かがみになると筋肉が伸ばされるのでこのあたりも関係します。腰痛は全身の影響を受けるものなのです。

軽く曲げても痛い場合の対処法

まっすぐに立っている状態と前かがみの状態の違いは前かがみの状態では腰部と股関節が特に曲がっているということ。

そのため前かがみでの腰痛の場合に最初に疑う部分は腰部と股関節周囲の筋肉ということになります。

対処法として仰向けになって足を伸ばして足首を左右にゆっくり倒します。

痛みがなければ今度は仰向けになって両膝を立ててゆっくりと左右に倒します。これを繰り返してください。

深く曲げると痛い場合の対処法

正常な人でも立位体前屈のように腰を深く曲げていくと足が張って来るのに気がつくはず。

裏を返せば腰を深く前に曲げると痛くなる場合は太ももやふくらはぎの後ろ側が関与している可能性が高いのです。

そのような人は太ももやふくらはぎの後ろ側をストレッチするのが良いでしょう。
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村

整骨・接骨ランキング

お問合せ

症状や治療内容等のお問合せの方はこちらからでも電話でも受付しています。初めてご予約される方は電話でお願いします。2回目以降は電話でもネット予約でもOKです。