お風呂の後にぎっくり腰が悪化する理由

こんにちは!横浜市都筑区センター南でぎっくり腰治療をしているさくら接骨院・鍼灸院です。

 

慢性的な腰痛の方の場合はあまり聞きませんが

腰痛初期(ぎっくり腰)の人が風呂に入った後に悪化する場合があります。

 

その原因を当接骨院では3つに分けて考えています。

1.温めたから

ぎっくり腰になった当初は冷やして数日過ぎてからは温めた方が良いと言われていますが

知らずに入浴してしまう方が結構います。

筋肉が傷ついて炎症を起こしている状態で温めると腫れがひどくなって悪化するというわけです。

 

当院も以前であれば入浴後にぎっくり腰が悪化するのはお温めたのが原因だと考えていました。

 

ところが患者さんに聞いてみるとお風呂に入っても大丈夫な人の方が多く

よくよく考えてみるとつじつまが合わないこともでてきました。

 

更にアメリカの最新情報ではぎっくり腰には温熱療法が勧められているのですが

冷やすことに関しては書かれていません。

 

個人的にはぎっくり腰は筋肉が傷ついたというよりも

筋肉が緊張しているために起きている方が多いと考えているので

筋肉の緊張を緩めるには冷やすよりも温めた方が良いと考えています。

2.座ったから

風呂後にぎっくり腰が悪化する原因として考えられるのは温めたからだけではありません。

浴槽に浸かったり、お風呂の椅子に座る時の問題があります。

 

浴槽に浸かるときは体育座りや長座になりますが

この時間が長くなると腰に負担が来て悪化しやすくなります。

 

ソファー等が典型的ですが

椅子に座る時は横から見て膝よりもお尻の位置が低くなるほど腰には負担がきます。

大体ぎっくり腰になるのは長時間座って椅子から立ち上がる時が多いですから。

3.ぎっくり腰の経過として

もう一つお風呂と関係なくぎっくり腰の経過として悪化した場合が考えられます。

ぎっくり腰には他の疾患と同じで病期というのがあって

山なりの形になってピークが来てからぎっくり腰が軽減していきます。

そのピークの時間がたまたま風呂と重なった場合に風呂のせいと考えてしまうわけです。

4.対策

どれが原因かははっきりとはわかりませんが風呂後すぐに悪化したのであれば1か2、

時間が経ってから悪化したのであれば3のような気がします。

1であれば冷やせばいいのですが、

2であれば温めた方がいいですし、

3の場合はどちらか楽になる方を選ぶと良いのですが1~3の判断はできませんよね。

 

なので入浴後にぎっくり腰が悪化したら温めるか冷やすか楽になる方を選ぶのが良いと思います。

冷やした方が良さそうなら痛い部分だけを冷やして温めた方が良さそうならその部分を温めます。

余裕があるようでしたらどちらの場合でもお腹や手足を温めると良いでしょう。

 

一番無難なのはお風呂に入らないことですが

どうしても入りたいなら短時間立ってシャワーにするのが良さそうです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ

Follow me!