保険鍼灸治療の項で「保険組合によっては償還払いになる場合もあります」 と書きましたが償還払いのことがよくわからないと思いますので少し説明します。

保険鍼灸治療は通常、患者さんが鍼灸院に治療費の3割を支払います。鍼灸院は書類を作成して、健康保険組合に提出し、治療費の7割の支払いを受けます。書類というのは毎月、住所や名前や印鑑を押したりしている書類のことです。

これが通常のパターンです。

償還払いの場合は、患者さんが鍼灸院に治療費の10割を支払います。そして領収書を貰って、所属の健康保険組合の所定の手続きに従って自分で書類を作成し、健康保険組合に提出します。その後、健康保険組合から7割治療費が戻ってくるという仕組みです。

これは各健康保険組合によって違っており、問い合わせてみないとわかりません。なので償還払いの可能性もあるということを覚えておいて下さい。