センター南徒歩1分、横浜市都筑区で腰痛、自律神経、交通事故の治療をおこなっているさくら接骨院・鍼灸院は日曜祝日も応相談。

治療方法

  • HOME »
  • 治療方法

基本的な考え

日常生活の出来事はストレスになって自律神経に影響を与えます。コップの中の水をストレスとすると小さなストレスや短期間のストレスであればそれほど問題はないのですが複数のストレスが同時期に重なったり大きなストレスが発生すると水が溢れ出して自律神経に乱れが生じるのです。

自律神経はいうなれば人体の防衛力のメインなので乱れが生じると防衛力が低下して睡眠障害(不眠、過眠)、摂食障害(食欲不振、過食)、排泄障害(便秘、下痢)等様々な症状が現れます。全身の筋肉が硬くなるのもその一つです。

全身の筋肉が硬いだけでは身体が硬い、重い、だるいとうのはありますが痛みまではいきません。痛みが出る人はそれに加えて身体の一部を酷使している場合や元から弱い部分がある人です。その部分の筋肉が硬くなっているからです。ぎっくり腰では腰が元々弱い人や座業の人や重いものを繰り返し持つことが多い人ですね。だからぎっくり腰の場合は治療するのは自律神経と筋肉の調整、日常生活の問題の改善ということになります。

ぎっくり腰はほとんどは一時的に自律神経が乱れたことによって起きたものなので何もしなくてもそのうちに良くなります。ただし継続して自律神経が乱れている場合は慢性的な腰痛に移行する可能性があります。慢性疾患に関しては自律神経の調整が必要になってくるのです。それは風邪でも腰痛でも他の疾患でも変わりありません。

当接骨院でいう保険と自費の治療方法の差はここにあります。つまりぎっくり腰になった場合は自律神経の影響を考えなくても良いので(考えた方が良いのですが)保険でも対応できますが自費(整体、鍼灸気功)の場合は筋肉の調整+自律神経のことも考えた治療をおこなわないといけないのです。

治療方法

整体

整体で対象としているのは首や腰や肩や膝等を動かすと痛みがでる、手足の痺れ、頭痛等筋肉が深く関わっている症状です。自律神経の乱れが全身の筋肉を硬くさせる。使いすぎによって一部の筋肉が硬くなる。この2つが重なって筋肉が原因の痛みや痺れが出てくると考えています。治療としてはMCC(全身調整微弱電流療法)や手技を使って筋肉を緩め自律神経の調整をおこないます。

鍼灸気功

経絡に沿って全身を巡っている気が停滞した時に体調が悪化し同時に経穴に似た反応点というものが現れてそこに治療を行います。反応点に鍼灸をおこなうことにより気の巡りが元に戻り体調も回復しますがその時に鍼灸を使わずに気功を使って同じこともできます。基本的に気の流れを回復するのが目的なので鍼灸でも気功でも気を反応点から入れることができればどちらでもいいのです。システムが同じですが使う道具が違うということです。

鍼灸を使わないので安全面、衛生面に優れ、身体への負担が少ないので術後や産後の身体を消耗している人にも有効です。女性が治療します。対象としているのは整体と同じ疾患以外にも不定愁訴、健康の維持等西洋医学が不得意としている分野に渡ります。

なお当院では使い捨てのディスポーザブル鍼を使用していますので同じ鍼を繰り返し使うことはありません。鍼灸気功治療で使用した鍼等の処分は(株)トキワ薬品化工と契約を結び医療廃棄物として処分を委託しています。

保険

整体と考え方は同じですが対象としているのはぎっくり腰、寝違え等の痛みが出てきてから間もないもの。痛みが強いことが多いので間隔を詰めて通院できる方に向いており、特徴としては局所を治療するということになります。例えばぎっくり腰であれば腰、寝違えであれば首の治療をおこなうということです(自費の場合は全身の治療をおこないます)。

マッサージ

指圧を中心に全身をほぐしていきます。スポーツ後のケアや日常の疲労回復にお勧めです。一人一人のお体の状態をみながらマッサージしていきますので初めて受けられる方にもお勧めです。

交通事故

交通事故が原因によるものも自賠責保険を使って上記の保険と同様の治療をおこないます。

生活習慣指導

当接骨院の治療の目的は自律神経と筋肉の調整、日常生活の問題の改善ですが日常生活の問題は患者さん本人でおこなわなければならないものなので生活習慣の指導が必要になります。最も大事なことなのこれはどの治療の時でもおこないます。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 045-949-0114 予約受付 平日10:00~20:00
土曜10:00~18:00

PAGETOP
Copyright © さくら接骨院・鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.