交通事故後に起きた新たな痛みには2種類有ります。

交通事故と関係のある痛みの場合

病院の診断書に記載されている部位以外にも痛みが出てくる事は多く見受けられますが、

その部分に治療をしても自賠責で治療費として認められません。

その場合は病院で新たな部分の痛みを診察してもらって下さい。

無難なのは最初の診察の時点で首腰と他に動かすと痛みがある部分は必ず診てもらうようにする事です。

交通事故と関係のない痛みの場合

交通事故で治療期間中に事故と無関係で痛みが生じた場合は健康保険か自費での治療になります。