一般的に交通事故では加害者と被害者に分かれます。

自賠責保険は交通事故の負傷者を救済するという考え方なので

100%過失でない限り両者とも加害者でもあり被害者でもあるということになっています。

90%自分の過失でも負傷をしていれば自賠責保険を使って施術が受けられるということです。

 

では100%自分の過失の場合はどうでしょうか?

 

100%自分の過失でも負傷する人はいますがこの場合は自賠責保険は使えません。

これは何故かという交通事故の場合は相手側の自賠責保険を使うからです。

相手に過失があるから相手の自賠責保険を使って弁償してもらうのです。

ところが100%自分の過失の場合は相手がいませんよね。

だから使えないのです。

 

その場合はまず自分の加入している保険会社に問い合わせると良いでしょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ