センター南徒歩1分、横浜市都筑区で腰痛、自律神経、交通事故の治療をおこなっているさくら接骨院・鍼灸院は日曜祝日も応相談。

ぎっくり腰

  • HOME »
  • ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは俗称であって正式名称ではありませんので人によってぎっくり腰は微妙に違います。さくら接骨院・鍼灸院では急性腰痛の一部で筋肉などが関係しているものと考えています。

パラダイムシフト

原因不明

ぎっくり腰への考え方が以前とはだいぶ変わりました。一つは腰痛の85%は原因不明だったということ。画像検査では骨やヘルニアの問題はわかりますが筋肉のこりやトリガーポイントは見つけられません。

本当は詳細に調べればもっとわかるのでしょうがぎっくり腰は時間の経過とともに良くなるものなので、そこまでコストをかけて調べる必要はないということもあるでしょう。

コルセットは何のためにするのか、温熱療法やアイシングや電気療法やマッサージは何のためにするのか、湿布はどこに貼っているのか、運動やストレッチは何で勧められるのかということを考えると筋肉が原因であると考えるのが自然です。

安静は勧められていない

もう一つは安静にしているよりも動ける範囲で動いた方が治りが良いと言われるようになったこと。

筋肉が痛みを起こすのには2つのパターンあります。筋肉が傷ついて痛くなる場合と筋肉が硬くなって痛くなる場合です。筋肉が傷ついている場合は初期治療に安静にする必要があります。安静にしておかないと傷口が塞がらないので出血が止まるのが遅くなるからです。

ぎっくり腰も筋肉が傷ついているならば安静にして少しでも早く傷口を塞ぐ必要があります。現に昔はそうでした。ところが現在は動いた方が良いということなので筋肉は傷ついている場合よりも筋肉が緊張している場合が多いということになります。

筋肉が硬くなっているからぎっくり腰になるので動いて少しずつ緩めていった方が良いということなのでしょう。そのことからぎっくり腰の治療は筋肉を緩めていくということがメインになります。

手技療法が第一選択に

更にもう一つ。2017年に米国の内科学会が腰痛のガイドラインを発表しています。腰痛の多くは治療の有無に関係なく時間の経過とともに改善していくので、投薬よりも先ず温熱療法やマッサージや鍼等の薬物以外の治療法を選択すべきとしました。

ぎっくり腰になったら

内臓

ぎっくり腰になった時に注意すべきことは内臓関係の腰痛の可能性がないことを確認すること。当接骨院でも数例ですが結石が疑われた方がいました。

内臓は腰の動きとは関係しません。内臓が関与している場合は「どの状態でも痛みの強さが変わらない」「腰は普通に曲がる」「じっとしていても痛みがあるので痛みを紛らわすために動いている」という特徴があります。この場合はすぐに病院に行くようにしましょう。

筋肉が原因のぎっくり腰は腰を動かすことにより痛みが出ます。だから「動かした時に特に痛い」「痛くて腰が曲がらない」「動かない方が楽」なのです。

年齢

会社を退職したような年齢の方や運動をしている学生がぎっくり腰になった場合は筋肉以外の可能性も疑われるのでこれも病院に行くようにしましょう

ぎっくり腰の分類

当接骨院ではぎっくり腰を歩行と姿勢によって2つのタイプに分類しています。これはタイプによって治療する部分が違ってくるためです。

腰が伸びないぎっくり腰

腰が痛いというよりも腰が伸びないことを訴えることが多く、丸まった状態で歩きます。座ってしまうと何ともありませんが立ち上がるとまた腰が伸びません。椅子から立ち上がる時になることが多いぎっくり腰です。

腰が曲がらないぎっくり腰

腰が曲がらない、曲げると痛いぎっくり腰の場合は3段階に分かれます。

軽症の場合は姿勢も歩行も普通で腰を曲げた時に痛みが出ます。

中等度の場合は歩く速度は痛みのため遅くなっています。立っているのも座っているのも立ったり座ったりする動作もつらくなります。特に椅子から立ち上がる時に時間がかかります。仰向けもうつ伏せも痛みがあり、特にうつ伏せから四つん這いになって起きることはできません。

重症になると腰に力が入らなくなり何か支えるものがないと歩けません。起き上がれないぎっくり腰はこのタイプになります。

ぎっくり腰のきっかけ

一般的に重いものを持って、下の物を拾おうとして、立ち上がる時に、咳をして等がぎっくり腰の原因と言われていますが、これらはぎっくり腰の原因ではありません。

それらはぎっくり腰の始まるきっかけもしくは最後の駄目押しに過ぎないのです。そのためにそれらのことを予防として注意してもあまり意味がありません。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因として最も考えられることははぎっくり腰になりやすい生活習慣をしていることが挙げられます。デスクワークや車の運転やスマホ等で座っていることが長いことによる腰周囲の筋肉の疲労です。座っているということは最も腰に負担のくる生活習慣なのです。

それでも体調がしっかりしていれば筋肉の疲労は自然に修復されるので問題ありません。ところがこの状態で体調が悪くなってくると腰の筋肉の疲労の修復が間に合わなくなってぎっくり腰になるのです。自然治癒力が低下するからです。

ぎっくり腰の治療法

当接骨院でのぎっくり腰の治療方法は3つ。腰の調整をおこなう保険治療と全身の調整をおこなう整体と鍼灸気功です。

腰が伸びないぎっくり腰の場合は帰りには痛みは残りますが腰が伸びるようになっていることが多くみられるので保険治療で充分に対応できます。

腰が曲がらないぎっくり腰の場合は中等度以上であれば複数の筋肉の影響が考えられるので自費での治療の方が向いています。

どの治療でも1回で治るということはありませんので続けて通うようにしてください。

電気療法

多くのぎっくり腰は筋肉が緊張しているために起きています。それに対して当接骨院では中周波という電気療法を使って筋肉を動かして筋肉を緩めていきます。

ただぎっくり腰の初期に限っては例外で緊張が強すぎるので無理やり筋肉を中周波で動かしてしまうと却って悪化する可能性も考えられます。そのため特に腰が伸びているぎっくり腰の場合の初期には微弱電流(自費)をおこなう場合があります。

経過

ぎっくり腰の経過は2週間タイプと4週間タイプに分けて考えています。最初の数日間が痛みのピークで以後は徐々に軽減していくのであれば2週間、それ以外であれば4週間というのが目安になります。一部はそのまま慢性腰痛に移行します。

その他

コルセットをお持ちの方は付け方の確認をしますのでお持ちください。できる範囲でのストレッチや体操やツボもお教えします。

完全予約制

ぎっくり腰で一番辛いのが待合室での待ち時間です。自宅であれば痛いなりに動いたり寝転がったりできますが待合室では人の目もあってそれもできません。当接骨院・鍼灸院では完全予約制なので待つことなくすぐに治療を受けることができます。

料金

  • 保険は初回約1800円、2回目以降約800円になります。
  • 微弱電流を使用した場合は1080円追加になります。
  • 整体と鍼灸気功は初回6480円、2回目以降5400円になります。

初めての方

  • 相談を希望の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします。
  • 初回はお電話での予約になります。
  • 2回目以降の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします。

場所と駐車場のご案内

  • 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央44-5カトレアビル301
  • 横浜市営地下鉄ブルーラインセンター南駅4番出口徒歩1分
  • 駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 045-949-0114 予約受付 平日10:00~20:00
土曜10:00~18:00

PAGETOP
Copyright © さくら接骨院・鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.