センター南徒歩1分、横浜市都筑区で腰痛、自律神経、交通事故の治療をおこなっているさくら接骨院・鍼灸院は日曜祝日も応相談。

肩こり

はじめに

平成28年度の国民生活基礎調査では女性の自覚症状の1位は肩こりで男性でも2位となっています。肩こりは腰痛と並ぶほど知られた疾患にも関わらず決め手となる治療法はありません。恐らく「木を見て森を見ず」のように肩こりの部分だけを見ているからだと思われます。

肩こりの人の肩を触ってみると骨かなと勘違いするほど筋肉が硬い人がいます。一方で普通の人よりも柔らかい人もいます。これは肩の筋肉の硬さと肩こりは必ずしも一致していないということなのではないでしょうか。肩こりの凝っているという部分に治療をしてもその場では少し楽になるかもしれませんが早々に戻ってしまうことが多く見られます。

痛みの性質として動かして痛みの出る腰痛や寝違いよりも、じっとしていても痛みのある頭痛や手足の痺れに似ています。頭痛と手の痺れは首、足の痺れは腰と言われるように、肩こりも凝っている部分と原因部分は違うのではと考えるようになりました。やはり全身を見ていく必要があるようです。

肩こりの原因

肩こりの原因は2つあります。「使いすぎによる筋肉疲労」と「自然治癒力の低下」です。

「使いすぎによる筋肉疲労」は主に姿勢が関係します。首は常に頭と両腕と肩甲骨を支えていかなければいけません。2つ合わせると10kg以上になります。5kgの子供を常におんぶとだっこをしているようなものです。

パソコン、スマホ、事務作業、読書、車の運転、テレビ等で姿勢が悪ければ支える負担が増え、その状態が長く続くと筋肉は疲労して硬くなります。ただし実際はこのようなことが続いても自然治癒力がしっかりしていれば肩こりは一時的なもので済みます。

ところが自然治癒力が低下した状態が続くとと疲労や筋肉の硬さは回復しないので慢性的な肩こりになりやすくなるのです。自然治癒力は体調に置き換えるとわかりやすくなるかもしれません。

肩こりの対策

原因である「使いすぎによる筋肉疲労」と「自然治癒力の低下」に対処すればいいのです。「使いすぎによる筋肉疲労」に対しては同じ姿勢を続けない、途中で休憩する、肘掛け椅子を使う、リュックを使う、ストレッチ、温める、全身運動等になります。

「自然治癒力の低下」というのはストレスにより自律神経やホルモンバランスが乱れて自分の体を修復する能力が低下しているということ。自分に降りかかる日常生活習慣の問題が原因で体調が崩れているということです。

肩こりの治療

肩こりは保険の適応外です。当院での慢性的な肩こりの治療は鍼灸気功治療が向いています。一時的な肩こりの場合は鍼灸気功治療か整体治療かマッサージでも良いでしょう。

料金

  • 整体、鍼灸気功ともに初回6480円、2回目以降5400円になります
  • マッサージは30分3240円になります

初めての方

  • 相談を希望の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします
  • 初回はお電話での予約になります
  • 2回目以降の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします

場所と駐車場のご案内

  • 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央44−5カトレアビル301
  • 横浜市営地下鉄ブルーラインセンター南駅4番出口徒歩1分
  • 駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 045-949-0114 予約受付 平日10:00~20:00
土曜10:00~18:00

PAGETOP
Copyright © さくら接骨院・鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.