頭寒足熱とはよく言ったもので足熱は足湯の事を言ったのではないかと思うくらいに効果があります。

自己体験

実は数年前までは吐き気のある頭痛(おそらく片頭痛)があり、

また年1回は原因不明で寝込むことがありました。

それが物は試しと足湯を始めた翌日から現在までの5年間は片頭痛と寝込むということはなくなりました。

今でもほぼ毎日足湯を続けています。

足湯の方法

両足が入る入れ物に差し湯をしていくだけです。

目安として差し湯の量はくるぶしより少し上まで、時間は大体10分位です。

慣れてきたら適当で良いと思います。

自分では差し湯はくるぶしまで浸す事はありませんし、

時間も20分位やっているときもあります。夏は暑いから差し水にしてますし。

効果がある理由

手足の冷えは自律神経の影響なので、逆に手足を温める事は自律神経に影響を与えているはずです。

個人的には足湯が自律神経の働きを一度リセットしているとイメージしています。