治療終了後に「身体の歪みを取ってもまた元に戻りますよね。」という質問を受けたことがあります。おそらく歪みをとっても元に戻るなら意味がないのじゃないかということなのでしょう。確かに例え正常になっても人間の身体は柔構造なのでまたゆっくりと歪んできます。

例えば掃除はどうでしょうか。掃除をしてもすぐに汚れるのであれば掃除をしなくても良いのでしょうか。髪の毛は切ってもまた伸びるから切る必要はないのでしょうか。食事をしてもまたお腹が空くから食べなくても良いのでしょうか。

身体の歪みを指標として治療している側からすると歪みの延長線上に痛みや痺れがあると考えています。歪みを黄色信号と考えるとそのままにしておけば次は赤信号になるわけです。歪みをとって青信号にしておけば赤信号になるまでにワンクッションあるのでその間に持ち直すこともできるのです。だから歪みをとる意味はあるのです。

パソコンもフリーズした場合に再起動にすれば元のようにサクサクと動きます。人体もたまに調整しておけばサクサクと動くことができますが続けて使っているうちに少しづつ動きが悪くなって何処かに痛みが出るという繰り返しなのです。他にも同じようなことはいくらでもあります。どこかで一度リセットしておいた方が何かと良いのです。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ