接骨院や整骨院で保険での治療をする場合は

健康保険組合に書類を作成して提出する必要がありますので

保険証がない場合は以下のような対応になります。

保険証を忘れた場合

初診時に保険証を忘れた場合は保険が使えないので自費での治療となります。

その場合は一時預かり金として6480円をお支払いください。

その月のうちに保険証を持参された場合に精算致します。

保険証のコピーを持参された場合

保険証のコピーは保険証とは認められていないので保険証を忘れたのと同じ扱いになります。

一時預かり金として6480円をお支払いただきその月のうちに保険証を持参された場合に精算致します。

保険証の印字が薄くなって読み取れない場合

印字が読み取れないと書類が作成できないので保険証を忘れたのと同じ扱いになります。

健康保険組合に問い合わせて印字の内容を確認をお願いします。

保険証ができていない場合

一つ目は会社に問い合わせて「健康保険被保険者資格証明書」を発行してもらう方法。

これを発行してもらうと保険証と同じ扱いとされ、1〜3割負担となります。

ただし発行所に受け取りに行くか、郵送で受け取るかのどちらかとなります。

二つ目は保険証を忘れたのと同じ扱いで一時預かり金として6480円をお支払いただき

その月のうちに保険証を持参された場合に精算致する方法です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ