こんにちは!横浜市都筑区センター南で保険治療をおこなっているさくら接骨院・鍼灸院です。

 

接骨院(整骨院)で保険治療をする場合に

同じ疾患で病院と接骨院(整骨院)は併用はできませんので注意してください。

 

例えば腰痛の保険治療で病院と接骨院に同じ時期に通うことはできません。

そのようなルールになっているのです。

 

両方同時に通うと治りが良さそうな気がするのでしょうが

保険を使うならばどちらか一つだけにしましょう。

 

病院に行った帰りに来られた方もいましたがこれも無論できません。

その場合は保険を使わずに自費で行うようにしましょう。

 

仮に腰痛で保険を使った場合はどうなるでしょうか。

 

保険を使った時は

病院も接骨院も月締めで健康保険組合に「腰痛の治療をしましたよ」という書類を提出します

書類審査に合格すると健康保険組合から治療費の支払いを受けます。

 

その時に書類に治療内容が書かれているので

病院と接骨院で同じ腰痛の治療をしていたということがわかってしまうのです。

そしてルールにより健康保険組合から接骨院への治療費の支払いが拒否されます。

そうなると接骨院は患者さんに治療費を請求するか泣き寝入りをするしかありません。

 

接骨院と接骨院も併用できません。

以前他の整骨院に通院中の方が

1回だけ当接骨院で治療を受けたいと来院されたことがありますが

「保険では対応できません」とお断りしたことがあります。

 

冷たいようですがこのような場合に保険で対応してしまうと

先程と同じで健康保険組合から治療費の支払いが拒否されます。

支払いが拒否されるのがわかっているのにわざわざするわけにもいきません。

こちらも保険を使わずに自費でおこなうようにしてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ