交通事故にあった場合は最初は病院へ

交通事故にあった場合は最初に行くのは病院(整形外科)です。接骨院・整骨院に直接来られる方もいますがその場合もすみやかに病院に行くようにしてください(そのように言われると思います)。

最初にかかった病院が遠くて通いきれない場合には他の病院に変更も可能なのでとにかく治療が終了するまで通院するようにしてください。これは相手側の任意保険会社と被害者の間で治療の終了に関してのトラブルになりやすく第三者である病院の意見が重要になるためです。

保険会社への連絡

病院に行く前には相手の保険会社にその旨を連絡します。相手の保険会社はこれから行く病院に治療費の立替を連絡をするのでこれによって治療費はかからなくなります。

交通事故のように第三者に危害を加えられて怪我をした場合はその第三者(加害者)が治療費を支払う必要がありますが相手が自賠責保険と任意保険に加入している場合は任意保険会社が加害者の代行として治療費を立替えるからです。

ただし相手側の保険会社から病院への連絡が来ていない場合は患者さん本人が一時立替、相手側が自賠責保険のみ加入で任意保険に未加入の場合は患者さん本人が立替るか自分の加入している任意保険に相談するようにしてください。

病院で診察を受ける場合

病院で診察を受ける場合は痛い部分だけでなく時間が経ってから症状が強く出てくる場合がありますので事故後に以前と違うなおかしいなという部分も必ず診てもらうようにしてください。

最初に診てもらっておけば例えば数週間後にその部分が悪化したときに事故との因果関係が認められて治療してもらえる可能性がありますが最初に診てもらっていなければ事故とは関係ないですよと言われる可能性が高くなりますので。

接骨院・整骨院との併用

病院から接骨院・整骨院に転院されて来られる方の意見で多いのが「時間が合わない」「物足りない(手技がない)」というものです。確かに接骨院・整骨院の方が営業時間は長いですし、病院ではあまりおこなわれない手技を使いますので病院で効果がみられなければ接骨院・整骨院との併用も考えるといいと思います。

併用を決めたなら相手の保険会社にその旨を伝えて確認してから通院するようにしてください。

接骨院から接骨院への転院

「施術が合わない」「引越しをした」等の理由があれば接骨院から接骨院への転院も可能なので保険会社へその旨をお伝え下さい。

鍼灸

病院や接骨院・整骨院で効果がはかばかしくない場合は鍼灸という方法もあります。ただし保険会社によって対応が様々なので確認しておく必要があります。

弁護士特約

相手側の任意保険会社と患者さんの間で治療の終了に関してのトラブルになる場合があります。そのため自分の加入している保険に弁護士特約がついているかどうかを確認しておいてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ