腰痛に○○というツボを押すと良いと聞いたから試してみたけれどあまり効果がみられなかったということはしばしばあります。また劇的に良くなることもあります。

押していたツボの位置が違っていたという事は別として前者はそのツボが自分の身体の反応点として現れていなかったからで後者は反応点として現れていたと私は解釈します。

東洋医学では人体の構成要素として気・血・水があります。このうち気と血が流れている通路の事を経絡といいます。経絡は内臓(臓器)と体表(身体の表面)を繋いでいる通路なので内臓に異常があれば体表の経穴(ツボ)に反応が現れます。また経絡の通路に沿ってしこりなどが現れることもあります。

施術の場合は、この状態を認識して気の診断(気診)で身体の身体内外のどこに異常所見があるのかを調べ、身体に気が滞りなく流れるように治療します。

家庭でのセルフケアとしてお薦めしているツボは井穴といわれる爪の際にあるツボです。押し方は爪もみのように爪の両脇を反対側の指で挟み、心地よい強さで手足の指を数回刺激します。

私は施術の際、関節の動きをみていますが、爪もみをした後、大半の方が可動域が変化します。動作痛にも効果があり、受療者の方も変化を感じ取りやすいので積極的に爪もみをされる方が多いです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ