問い合わせで一番説明が難しいのは「どんな治療をしますか?」という質問です。

鍼灸治療ですとかマッサージですと言えばイメージできますけど

それ以外ですと説明しても恐らくわからないと思います。

 

一応「人によって違ってきますので診てみないとわからないのですが

基本的に骨格を調整して全身の筋肉を緩めて身体のバランスを正し、

残っている筋肉の凝り(硬結)を押圧でとります。」と言う様にしています。

 

大枠で言うとこんな感じです。

身体は不調になると

  1. 全身の筋肉が硬くなります
  2. 骨格が歪むことと凝りが発生します
  3. 最後に凝りから痛みが発生します

対して治療は下記の1〜3、4は予防になります。

  1. 痛みをとるために凝りを消失させます
  2. 凝りを消失させる為に全身の硬さをとります
  3. 全身の筋肉の硬さをとるために骨格を調整します
  4. 次に全身の筋肉の硬さが続かないように生活習慣に気をつけるように指導します

何故筋肉の凝りをとるのがよいのか

筋肉の凝りは痛みの直接の原因にだからです。

痛みと関係する凝りの部分を見つけて押圧していきます。

一般的に押圧というと全身のマッサージと思われる方がいますので言っておきますが

一部の筋肉の凝りの押圧をします。

何故骨格を調整すると良いのか

筋肉は骨に付いているので通常は複数の筋肉が骨を前後左右で引っ張り合った状態になっています。

綱引きをイメージしてください。

何かがきっかけで全身の筋肉が硬くなると前後左右のバランスが崩れて

骨は前後左右のどこかに引っ張られてしまいます。

これが骨が歪んでいる状態です。

 

つまり全身の筋肉が硬くなると骨格が歪んでくるのです。

裏を返せば全身の筋肉を緩めると歪んでいる骨格が正しくなっていくのです。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ
にほんブログ村


整骨・接骨 ブログランキングへ