「治療後は腰痛は軽減したけど後で元に戻ってしまった。」「治療後は肩こりは軽減したけど後で元に戻った。」ということはよくあることで珍しい事ではありません。筋肉が硬くなったのが原因の腰痛であれば治療により一時的に筋肉が緩んで軽減しますが時間が経てばまた筋肉は硬くなってくるので痛みは戻って来ます。治療というのはその繰り返しでそのうちに緩めた筋肉が硬くならなくなります。薬の効果が切れると痛みが元に戻ったり、湿布を貼り忘れて痛みが戻ったりするのと同じなのです。だから1回の治療では判断しない方が良いのです。

また原因が他の部分にある場合にも同じようなことが起きます。肩こりなどは特にそうなのですが凝っている部分を一生懸命に押すと直後は楽になりますがすぐに元に戻ります。これは肩こりの原因が凝っている部分ではなくて他の部分が原因だからです。目が原因だったり、歯が原因だったり、内臓が原因だったり、他の筋肉が原因だったりと他の部分を治さなければ肩はすぐに凝ってくるのです。

痛み始めで炎症が強い時もそうです。特に痛みの発症後1~3日は炎症の勢いが強いので治療直後は「治療効果>炎症」になったとしても時間の経過により再び「治療効果<炎症」に変わっていくとお考えください。病院で薬を貰っていれば痛みが強くなっても軽くなっても治療として毎日薬を服用しますよね。接骨院でも手技治療が病院の薬と同じ働きなのです。初期は特に痛みが強くなっても軽くなっても通院は間隔を詰めるようにしてください。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ