「五十肩(四十肩)は保険が使えますか?」という問い合わせがたまにありますが結論から言うと保険の使用は不可です。五十肩は慢性疾患で改善するまで数ヶ月から数年かかると言われていますが、慢性疾患は接骨院・整骨院では保険が使えないルールになっているからです。五十肩で保険が使えるのは病院か五十肩を保険で取り扱っている一部の鍼灸院だけです。

ただし当接骨院で考えている五十肩と患者さんが考えている五十肩には違いがみられます。患者さんは肩が痛くなると五十肩と考える場合が非常に多いのですが先ほど書いたように五十肩は慢性疾患なのです。いつまでたっても肩の痛みと肩の動きの悪さが治らない場合が五十肩で痛くなり始めの頃は五十肩ではないのです。

例えば肩を捻って痛くなったばかりとか転んで手をついて痛くなったばかりと言う場合は五十肩ではなくて肩関節の捻挫と考えられるので保険が使える可能性があります。

接骨院・整骨院で五十肩を保険でやってよと思う方もいるかもしれません。仮に五十肩の人に保険用の施術をしとしても残念ながらあまり効果はありません。というのは接骨院の保険の施術は急性期用のものなので慢性期である五十肩には向かないからです。もう少し具体的に言うと五十肩の場合は全身の影響を考えていく必要があるので部分的な施術である保険では対応できないのです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ