座ると足が痺れてくる場合があります。

 

何かをすると症状が変化するというのはものすごい重要な情報です。

これだけで筋肉や骨などの疾患である可能性が高くなります。

立っている時は何でもなくて座った時に痺れてくるのであれば

座ることに関係するものが痺れの一番疑わしい原因となるわけです。

 

立っている時と座っている時の違いは股関節と膝関節が曲がっているということ。

痺れは「筋肉が硬くなる→血管圧迫→血行不良→痺れ」と考えているので

股関節や膝関節を曲げた時に関係する筋肉がまずは怪しいということになります。

 

応急処置的な対策として

立ち上がって歩く

姿勢を変える(特に骨盤を後ろに倒すと楽になりやすい)

椅子を高くする(座布団を入れても良い)

ということをやってみてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ