足が痺れると最初に疑われるのが椎間板ヘルニアです。

背骨と背骨の間の椎間板が背骨からはみ出して神経を圧迫して足が痺れることを言います。

坐骨神経痛も有名です。

坐骨神経痛は原因がわからない場合につけられる仮の名前です。

 

日常生活で痺れの経験というと正坐があげられます。

血管を圧迫されて血行不良で起こる、もしくは神経を圧迫されて起こると言われています。

このことから血行不良でも神経圧迫でも痺れがでることがわかります。

 

自分が常々言っている筋肉も足の痺れに関係します。

神経や血管は筋肉の中を通っているので

筋肉が硬くなれば神経や血管は圧迫されて痛みや痺れを生じるというわけです。

 

更に言うと神経や血管は一緒に筋肉の中を通っています。

ということは乱暴な言い方をすれば筋肉が硬くなればどちらも圧迫されるので

個人的にはどちらが原因でもいいのです。

筋肉を緩めればいいのですから。

 

当院の治療は硬くなった筋肉を緩めて血管の圧迫を取り除き血行を改善するということなので

「筋肉が硬くなる→筋肉が血管を圧迫→血行不良→足の痺れ」と考えて

硬くなった筋肉を緩める治療をしています。

問題はどこの筋肉が痺れを引き起こしているかということになります。

 

もちろん足の痺れというのは原因は色々あるので最初は病院で調べてもらってください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ