「歩く→足が痺れて歩けなくなる→前かがみで休むと回復」を繰り返す方がいます。

これは間欠跛行と言われ代表的疾患として腰部脊柱管狭窄症が挙げられます。

 

本当に腰部脊柱管狭窄症であれば当院(他の接骨院・整骨院でも)では対応できませんが

筋肉が原因で同様の症状を起こす場合があります。

その場合であれば当院の整体治療でも対応できます。

間欠跛行は筋肉のものなのかそれ以外のものなのかは実際に治療してみないとわかりませんが。

 

足が痺れて長く歩けないのは「歩く→筋肉が硬くなる→血行不良→足の痺れ」と考えています。

 

誰でも沢山歩くと筋肉が疲労して硬くなりますが普通は足が痺れて歩けないということはありません。

なのでこれはもとから通常よりも筋肉が硬くなっていて血行不良だったと考えるのが妥当です。

「通常よりも筋肉が硬い→血行不良→歩く→更に硬くなる→更に血行不良→足の痺れ→歩けない」

となります。

 

高齢の方が手押し車を押している理由の一つに先ほど述べた腰部脊柱管狭窄症があります。

手押し車を前かがみで押しながら歩くと楽なので勧められるようです。

前屈みで歩けるのであれば歩くことよりも身体を真っ直ぐにしている方が原因ではないか。

股関節を伸ばしていることにより足の痺れを引き起こしている可能性を最初に考えます。

 

「筋肉が硬い→血行不良→股関節を伸ばすと更に硬くなる→更に血行不良→足の痺れ→歩けない」

そうすると該当する筋肉が絞られてきます。

 

もちろんそう簡単にはいかないのですがこのように考えて治療に入っていくということです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ