手指の痺れがあると病院では「首の骨と骨の間の隙間が狭くなっているのが原因で云々」と言われます。

隙間にある椎間板がつぶれてはみ出してそばにある神経を圧迫して腕に痺れが出るというわけです。

治療は痛み止めの薬になると思いますがそれで隙間が元に戻るわけではありません。

薬で痺れを抑えている間に痺れが消失するのを待つというわけです。

 

本当に上記の状態で痺れが出るのならば当院では手も足も出ません。

ただし筋肉が原因の場合であれば話は別です。

筋肉が原因で痺れが出ていることの方が多いと考えています。

 

筋肉が原因で腕に痺れを引き起こしているのであればその筋肉を見つけられれば症状が軽減するのです。

たとえ首の骨と骨の間の隙間が狭くなっていると言われたとしても。

 

「トリガーポイント しびれ」で検索してみてください。

ズラーっとでてきますから。

特に手指の痺れは首の周囲より肩の周囲の方が原因となることが多い感じがします。

 

絶対良くなるわけではありませんがだらだらと治療を続けなくても済みます。

筋肉が痺れの原因であれば症状は早い段階で軽減しますのでその時は治療を継続すればいいですし、

何回か治療しても変わらなければこちらの技術の問題か

筋肉が原因ではないかのどちらかになりますので中止にすれば良いのです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ