「寝違えではないのに日中に首が痛くなって動かないんですよね。」これは接骨院的には頚部捻挫というもの。寝違えという名前が有名なために首が痛くて動かないのは寝違えかむちうちだと思っているのか単に枕詞として使っているのかわかりませんが。

寝違えは寝起きに首を痛めたものなので昼寝や遅く起きた時に首を痛めたならばそれも寝違えになります。だから日中にも寝違えは起きます。中には起きていても何かの拍子に首が痛くなる人もいます。

例えば腰痛は起床時にも起きますが日中でも起きるのと同じで首の痛みも起床時にも起きますが日中でも普通に起きます。日中に首を痛めるのも基本的には寝違えと同じ機序です。首回りの筋肉が硬くなると首の可動範囲が狭くなります。その時にいつもと同じように無意識に首を動かしてしまうと硬くなっていた筋肉を無理やり伸ばしてしまうので首を痛めてしまうのですね。

問題はなぜ首回りの筋肉が硬くなったかということ。事務作業、運転、スマホ等で長時間同じ姿勢が続くと首回りの筋肉が硬くなることが関係します。更にその下地には体調の不良、睡眠不足、疲労、ストレス、天候等の問題が重なって身体全体の筋肉を硬くしているというのがあるはずです。下地の部分が良くないために一番の弱点であった首の症状が出てきたということなのです。下地をそのままにしておくと治りが悪かったり二番目の弱点の部分にも症状が出てくる場合もあります。

施術は保険、整体、気診気功のどれでも対応しています。これをきっかけに下地の部分から何とかしたいのであれば気診気功か整体、下地の部分の施術は不要という場合は保険ということになります。
経過としては寝違いと同じで1〜3日の間にピークを迎えてから軽減し1〜2週間でほぼ良くなります。この経過の範囲から外れるようでしたら一度病院で診てもらうようにしてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ