鍼灸治療は原因を探して治療をするという事は同じですが、治療院によって方法が違います。

どの方法が正しくてどちらが正しくないというのはないのですが、

こういう考え方や方法がありますよということを知っておいたほうが損はないと思います。

ここでは大雑把ですが東洋医学的な鍼灸と西洋医学的な鍼灸を考えてみたいと思います。

 

鍼灸治療というのは簡単に言うと

「体調不良の結果として特定の経穴に反応が現れる。」ので

「経穴に鍼灸をおこない経穴の反応を解消すれば体調不良も解消する。」ことです。

 

これを東洋医学的な考え方をすると

「気の流れが悪くなるために痛みが起きるので、良くするために鍼灸をおこなう。」

つまり、気の調整をするために鍼灸をおこなっているのです。

当院の鍼灸気功治療はこちら側になります。

 

一方、西洋医学的な考え方では「筋肉や神経」を重要視します。

「筋肉が硬くなることによる血行不良で痛みが起きるので、良くするために鍼灸をおこなう。」

つまり、筋肉を緩めて血行を良くするために鍼灸をおこなっているのです。

 

どちらにしても治療は最終的には治療家の感覚になりますのでそれほど差はないのかなとは思いますが。

 

例えば競輪は3対3対3という3つのグループで戦う事が多いのですが、

それは最終コーナーまでで最後の直線は自力です。

鍼灸も色々な考え方はが有りますが最後の最後は治療家の感覚が優先されるのです。