不定愁訴とは症状があっても検査では原因が特定できない状態のことを言います。特に自律神経失調症や更年期障害やストレス等に伴って現れてくることが多いですね。具体的には「全身倦怠」「肩こり」「頭痛」「腰痛」「めまい」「耳鳴り」「不眠」「のぼせ」「冷え」「食欲不振」「腹痛」「便秘」「下痢」等が挙げられます。腰痛も不定愁訴なのと驚くかもしれませんが公的には腰痛の85%は原因不明とされているので不定愁訴なのです。

検査で異常がない場合は身体のハード面ではなくてソフトつまり機能的な部分の不調、おそらく自律神経の問題だと考えています。日常生活の問題(ストレス)が自律神経を不調にさせて不定愁訴を起こしているのです。転んだとかぶつかった等のいわゆる外傷と呼ばれているもの以外は全て自律神経の不調が関与していると言って差し支えありません。

当接骨院の整体は筋肉をリリースすることを目的としていますが実際はその上位にある自律神経の調整を狙って施術をしています。自律神経の不調が筋肉を硬くさせているので筋肉をリリースすることは逆に自律神経への刺激を与えて回復を狙っているのです。気診気功も気の流れの滞りを解消するのを目的としていますが実際はその上位にある自律神経の調整を狙って施術をしています。

つまり当接骨院の施術で不定愁訴に対応できるのは自律神経の調整までを考えているからなのです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ