こんにちは!横浜市都筑区で手足の冷えの治療をおこなっているさくら接骨院・鍼灸院です。

この暑い時期は手足の冷えとは無関係だと思われがちなのですがエアコンや冷たいものの取りすぎでかえって冷えが強くなる人も多くなります。対策としては身体を温めるのが良いのですがもう少し理屈がわかるとそれ以外にも対策が見つかります。

手足が冷える人の場合は「一時的な手足の冷え」と「慢性的な手足の冷え」2つに分類して考えるといいかもしれません。「一時的な手足の冷え」というものはなったばかりなので原因というのが見つけやすいからです。それをもとにすれば「慢性的な手足の冷え」にも対処ができる可能性が高くなります。ではどのような時に普段健康な人が一時的に手足に冷えが出やすいのか考えてみます。

寒い時

寒い時に手足が冷たくなるのは手に冷たい空気が当たっているからというよりも、体温が下がるのを身体が恐れた結果として手足が冷たくなるのです。人間は正常な体温から数度下がるだけで身体を動かすことができなくなり生命の危機に陥ります。体温を下がる恐れがある時は交感神経が優位になって一番大事な脳と内臓の体温を下げないように血液を集中させてその部分を守ろうします。その分手足には血液は少なくなって冷たくなるのです。本体を守るために末端には泣いてもらうのです。極端な例が凍傷です。「寒さ→交感神経優位→手足の冷え」ということです。

対策としては身体に「寒くても体温が下がらないよ」ということを教えてあげる必要があります。身体の熱を作っている6割は筋肉なので身体を動かして体温を上げること、保温することになります。

緊張している時

人前に立つ時や試合前等には緊張により交感神経が優位となり手足が冷たくなります。「緊張→交感神経優位→手足の冷え」となります。

対策としては深呼吸や身体を動かす。仕事等での緊張は退職まで続くことになるので趣味、家事、運動等をして考えないことや忘れる時間を設ける必要があります。

体調不良

体調が悪い時も交感神経が優位となることが多く手足は冷たくなります。「体調不良→交感神経優位→手足の冷え」となります。

対策としては手足を温める、深呼吸、睡眠となります。

ストレスと交感神経がメイン

上記の3つとも「〇〇→交感神経優位→手足の冷え」という流れですがこの〇〇はストレスという言葉と置き換えることができます。ストレスが続くと交感神経が優位の状態も続いてしまいますが、そうなると先ほど「寒い時」で言ったように手足に血液が行かなくなるので手足が冷たくなるのです。対策としては交感神経と対立関係にある副交感神経を優位な時間を増やすということになります。それが運動や保温、深呼吸、睡眠等になるのです。

更に手足の冷えは交感神経が優位な状態の一症状に過ぎません。他にも様々な症状があります。手足の冷え以外にも自覚症状があるのであれば交感神経が関係している可能性が高くなります。例えば手足の冷えと腰痛と肩こりが同時にあれば「ストレス→交感神経優位→手足の冷え、腰痛、肩こり」と考えられるます。ストレスに対処して自律神経のバランスを調整できればそれらの症状は軽減していくはずです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ