立ち上がって歩き始めると足裏あたりが痛くなった事はありませんか?

自分は以前ありました。或る朝起き上がって歩き始めた時から10歩位だけですが足裏のかかとの部分に痛みが出てきたのです。椅子から立ち上がって歩く時も同じように最初の10歩位は痛みがありました。激痛でもないしすぐに痛みは消えるのでそのままにしておいたところそのうちに痛みは消失。そのようなことが何回か繰り返されましたが何故か今はありません。

これは一般的に「足底筋膜炎」とか「足底腱膜炎」と言われています。歩き続けているとそのうちに痛みは気にならなくなるけれど座ってまた歩き始めると痛くなるの繰り返し。足裏部分を押えると痛みがあっていつまでたっても治らない。朝方が特に痛みが強いような気がします。 (ここからは筋膜も腱膜も靭帯も筋肉もまとめて筋肉として書いていきます。)

足裏の筋肉の炎症なので大抵の治療は足裏にマッサージ、湿布、電気療法、テーピング、インソールあたりになります。

それで良くなれば問題ないのですが中にはそれでも良くならない場合があります。

「歩き始めが痛い」というのは筋肉が損傷している場合には少し考えにくい症状です。足首の捻挫や肉離れを考えてみるとわかりますが筋肉が損傷している場合は何歩歩いても痛さが楽になる事はありません。10歩歩いても100歩歩いても痛さはかわりません。

更に足首の捻挫は足をひねってから痛くなったのようにこれが原因だというのを大体わかっていますが足底筋膜炎は或る日突然原因不明の痛みが出てくることが多いのです。そのことから足底筋膜炎筋肉の損傷ではなく筋肉の緊張が原因であることが多いのではないか考えています。

筋肉の緊張が原因の場合は朝起きた時はつらいけれど日中になるに従ってだんだん楽になるというようなに硬くなっていた筋肉等が緩むと楽になります。このような場合の特徴として筋肉が緊張している部分と実際に痛い部分が違うことが多いということ。「足底筋膜炎」は特徴から考えると他の離れた部分の筋肉の緊張が原因と入ると思われるのです。

では、どこに原因があるのかというと個人差はありますが下肢や殿部の筋肉に原因があることが多いようです。そこの筋肉を緩めれば良い結果を得られることが多いのでセルフケアとしては殿部からふくらはぎにかけてのストレッチ、殿部を温める、テニスボールでの殿部の押圧あたりをやってみてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ