腰部脊柱管狭窄症は年齢の高い人に多く腰痛の原因として数%を占めていますが症状としては腰痛よりも足の痺れの方が多く特徴的な症状に間欠跛行があります。間欠跛行とは歩き始めると途中で足の痛みや痺れで歩けなくなるのですが休むとまた歩けるようになる状態のことです。

画像検査で脊柱管の狭窄が確認できればほぼ腰部脊柱管狭窄症決まりです。治療としては薬や電気療法等の保存療法が中心で状態の悪い場合に手術となります。

ここで考えてほしいのは手術以外の治療法は脊柱管狭窄症を治しているわけではないということ。時間が経過すると症状が軽減していくことがあるのでその間は薬や電気療法等の保存療法で症状を抑えているのです。つまり手術が根本療法でそれ以外は痺れを抑える対症療法になります。

脊柱管の狭窄が原因で足が痺れたり間欠跛行であるならば当接骨院の出番はありません。治療をしていて症状が軽減している場合も出番はありません。ただし筋肉が原因でも同様の症状が出ることがあるので病院に通院していてもなかなか良くならない場合は視野を広げて筋肉の原因の可能性も考えてみてください。「自分は画像検査で脊柱管狭窄が確認されているので筋肉ではありません」と言う人もいるかもしれませんが画像検査の結果と症状とは無関係な場合もあるのです。

「腰部脊柱管狭窄症 トリガーポイント」で検索すると筋肉との関係が沢山出てくるので確認してみてください。ある筋肉にトリガーポイントができると脊柱管狭窄症と同じように足の痺れや間欠跛行が起きます。もし筋肉が原因であれば足の痺れや間欠跛行の原因筋を探して緩めて行くと症状の軽減は可能です。この場合は筋肉に対する治療が根本療法となります。

セルフケアとしては仰向けになってテニスボールを腰や殿部に押し当てる方法があります。ただ原因筋とトリガーポイントを見つけるのは難しいかもしれないのでそういうことをおこなっている治療院で治療を受けた後セルフケアとしてテニスボールのやり方も教わった方が良いと思います。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ