こんにちは!横浜市都筑区の整骨院、さくら接骨院・鍼灸院です。

足が攣れるのは目が覚めてから足が攣るのか足が攣ったから目が覚めるのかはわかりませんが早朝が多いですよね。個人的には早朝に目が覚めて伸びをした時になることが多いような気がします。伸びをしなければ足が攣らなかったのにと後悔しますが次もまた同じことを繰り返しています。自分の場合は年に1回あるかどうかなのでそんなに気になりませんが頻繁であればどうにかしたいですよね。

結論から言うと原因の大部分が筋肉が硬いのためなので筋肉を緩めていけばかなり軽減します。なぜ筋肉が硬くなるかというと腰痛、疲労、水分・ミネラル不足、冷え、身体を動かさない等があります。予防法は寝る前にストレッチや水分(スポーツドリンク等)摂取、身体を冷やさない等を試してみて下さい。

足が攣ってしまった場合は筋肉が縮んで痛くなっているので伸ばしてください。つまり縮んでいる筋肉をストレッチするのが一番です。例えばふくらはぎが攣ってしまったらふくらはぎを伸ばせば良いのです。これで攣っている時間を短くできます。

通常であれば筋肉の硬さは時間と共に軽減するので足のつれるのは1~2日位でなくなるのですが週に何回もある場合は筋肉の硬さが取れていないと考えられます。この場合は足がつる原因となる筋肉を緩める必要があります。

一番最初に試してみるのは30秒間の殿部ストレッチ。

  • 右足がつるのであれば仰向けになって右膝を抱えて右の胸につけるようにストレッチ。
  • 次に右膝をスライドさせて左の胸につけるようにストレッチ。
  • 更に右膝を左鼠蹊部を超えて左側の床につく位にスライドさせてストレッチ。

「大殿筋 ストレッチ」で検索するとより詳しいストレッチ法が出ていますのでご確認を。毎日攣っていたのが2日に1回になったとか、攣っている時間が短くなったのであれば効果があるので続けて下さい。変わらなければ病院や治療院で治療を受けるようにすると良いでしょう。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ