こんにちは!横浜市都筑区で股関節の整体治療をおこなうセンター南のさくら接骨院・鍼灸院です。

女性に多い

当接骨院・鍼灸院に来院される股関節の痛みの方は意外に多くみられます。

ほどんどは女性の方で足の付け根(鼠径部)に痛みが現れます。

症 状

歩いて足をあげた時、降車時、階段を昇る時、椅子に座って靴下を履く時等

股関節を曲げた時に痛みを感じる場合。

歩いて足が伸びた時、立ち上がる時、仰向けの時等股関節を伸ばした時に痛みを感じる場合。

椅子に座った当初は何でもないのですが時間が経つと徐々に股関節に痛みを感じてくる場合。

症状はだいたいこの3つに分類できます。

原 因

病院では画像検査により変形性股関節症と言われることが多いかもしれませんが

当院ではこのような場合は最初に足の付け根を通る筋肉を疑います。

 

股関節を曲げた時に痛みを感じるのは硬くなっている筋肉を使うから。

股関節を伸ばした時に痛みを感じるのは硬くなっている筋肉を伸ばすから。

座っていると股関節に痛みを感じてくるのは硬くなっている筋肉が更に硬くなるから。

というわけです。

 

治療では原因となる筋肉を緩めて次回に確認することを繰り返していきます。

対処法

仰向けになって片方ずつ膝を抱えて胸につけるようにしてみてください。

それで股関節に痛みが出るようでしたら股関節前面の筋肉が原因の可能性があるので

股関節前面と大腿前面のストレッチをおこなってみてください。

 

注意点としては痛み始めたばかりの時はやりすぎると悪化しやすいので軽くおこないます。

ストレッチをしても変わらない場合や悪化するのが心配であれば治療に行くと良いと思います。

 

筋肉が原因の股関節痛は股関節周囲の筋肉だけが悪いのではありません。

生活習慣の積み重ねによる全身の問題が基礎に必ずあります。

治りが悪ければそちらの方も本腰を入れて対策をしていく必要があります。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ