腰痛や足の痺れに関係する疾患に腰椎椎間板ヘルニアというのがあります。腰部の背骨と背骨の間にあるゼリー状の椎間板が押しつぶされてはみ出た状態で一般的には腰痛に関与していると思われていますがメインは足の痺れです。椎間板がはみ出たのなら元に戻せば良いのですがそれは基本的に体内に自然吸収されるか手術で取るしかありません。ただしどれくらいで自然吸収されるか不明ですし、手術も他の方法と比べて特に有効というわけでもありません。

では手術以外の施術は何をやっているのかというとヘルニアを元に戻しているわけではなく足の痺れという症状を軽減させているのです。症状を抑えているうちに軽減するのを待つもので対症療法、保存療法と言いますが根本的なものではありません。原因に対して施術をしてるわけではないのでいつ良くなるかわからないと言うことです。もし良くなっていないのであれば他の方法も考える必要があります。

昔は椎間板ヘルニアでも何でも足が痺れる場合はどこへ行っても腰が原因ということで腰や痺れる部分に電気療法やホットパックやマッサージをするのがスタンダードでしたが結果ははかばかしくありませんでした。椎間板ヘルニアだからなかなか良くならなくてもしょうがないという認識が普通で良くなったとしても大分時間が経過してからなので個人的には施術で良くなったのかどうかはずっと疑問でした。

今ではヘルニアの考え方も施術方法も様々に進化してきており当接骨院では「ヘルニアがあっても足の痺れが無い場合がある」と考えています。健康な人の腰の画像検査をしたところ7割の人にヘルニアがあったという報告、その他にも足の痺れが無い人でもヘルニアが見られるというデータは多くありますので。これはヘルニアと足の痺れが関係がない場合がある事を示唆しています。

またトリガーポイントと言って筋肉が硬くなっても同じように足の痺れを引き起こすことがわかっています。ヘルニアは治せませんが筋肉が原因であれば筋肉を緩めることにより足の痺れは治す事は可能なのです。残念ながらこの足の痺れは筋肉が原因かどうかについては実際に数回施術をしてみて効果があるかどうかで判断するしかありませんがもし違っていたとしても長期間無駄に施術を続けなくても済みます。

当接骨院では足の痺れや坐骨神経痛と言うものに対しては自費の整体と気診気功で対応しています。整体では数多くの筋肉の中から足の痺れに関係している筋肉(トリガーポイント)を探してそこに施術を行います。気診気功は全身を流れている気の流れの滞りが足の痺れを引き起こすと考えています。その滞りは経穴付近に反応点として現れてきますので気功でその反応点を見つけ、気功を使って気の流れを回復させていきます。施術方法は違いますがどちらも足の痺れのポイントを見つけてそこに施術するというのは同じです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ