センター南徒歩1分、横浜市都筑区で腰痛、自律神経、交通事故の治療をおこなっているさくら接骨院です。

ヘルニア

  • HOME »
  • ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアは腰部の背骨と背骨の間にあるゼリー状の椎間板が押しつぶされてはみ出た状態を言い、腰痛よりも足の痺れに関係するとされています。ところが実際には腰部にヘルニアがあっても足の痺れがない場合は多くありますし、ヘルニアがなくても足の痺れがある場合もあります。一概には「ヘルニア=足の痺れ」とは言えないのです。

このような考え方もあります

このページをご覧の方は恐らく病院で腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けて加療中と思われますが
あまり変化が見られないのであれば違う考え方の施術を考えてみるのも一つの方法です。
今までは腰部の背骨からはみでたヘルニアが周囲の神経に触れたり炎症を起こす事で足の痺れを引き起こすという考えに沿って施術を受けていたはずですが実は健康な人の腰の画像検査をしたところ7割の人にヘルニアがあったという報告があります。その他にも健常人でもヘルニアが見られるというデータは多くあります。これはヘルニアと腰痛が関係がない場合がある事を示唆しています。つまりヘルニアがあって足の痺れがあったとしてもヘルニアが原因ではない場合があるということになります。
実際に筋肉が硬くなっても同じように足の痺れを引き起こすことがわかっています。当接骨院ではヘルニアは治せませんが筋肉を緩めることにより足の痺れは治す事は可能です。

ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアは腰部の背骨と背骨の間にあるゼリー状の椎間板が押しつぶされてはみ出た状態を言います。ヘルニアが原因の腰痛とヘルニアがあってもそれが原因ではない腰痛に分けられます。

保険の有無と施術方法

腰椎椎間板ヘルニア、足の痺れはともに接骨院では保険は使えませんので当院でのヘルニア施術には整体と気診気功となります。

 

整体

最も大事なことはヘルニアによる腰痛の原因を見つける事で病院で言う所の検査にあたります。数百個ある筋肉の内の幾つかが筋肉の硬結を起こしているのでその筋肉を見つけ、筋肉の硬結を手技や電気施術によって緩めていきます。全身の筋肉が硬さを軽減させる為に骨格の歪みを解消させます。

気診気功

全身を流れている気の流れの滞りが腰痛や坐骨神経痛を引き起こすと考えています。その滞りは経穴付近に反応として現れてきますので気功でその反応点を見つけ、気功を使って気の流れを回復させていきます。治療は個室で女性が担当を変わること無くおこないます。

 

料金

  • 整体、気診気功ともに初回6480円、2回目以降5400円になります

初めての方

  • 相談を希望の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします
  • 初回はお電話での予約になります
  • 2回目以降の方はお電話かHPの問い合わせフォームからお願いします

場所と駐車場のご案内

  • 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央44−5カトレアビル301
  • 駅から徒歩1〜2分です
  • 駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 045-949-0114 予約受付10:00~19:00 不定休

PAGETOP
Copyright © さくら接骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.